So-net無料ブログ作成
検索選択

3月14日 3号機の爆発音2回 [3号機]

もうすぐ1年。以下は昨年3月14日の読売の記事です。

やはり、事故直後は「うかつにも」本当のこと言ったりしてたんだな。

僕は3号機は水素爆発+即発臨界+水蒸気爆発の「3回」だと思う。個人の勝手な憶測だけど、、。

福島第一原発3号機の水素爆発、けがは11人(2011年3月14日13時15分 読売新聞)

東京電力は、14日午前11時ごろ、福島第一原子力発電所3号機で、2回にわたって爆発音が上がったと発表した。

 赤い炎とともに大量の煙が立ち上っており、東電は施設内の作業員を退避させたが、社員、協力会社の従業員ら計11人が負傷した。被曝の程度は不明だが、全員歩行が可能な状態という。経済産業省原子力安全・保安院は、同11時1分、水素爆発が起きたことを確認した。原発の損壊の程度は不明だが、東電は「原子炉格納容器と圧力容器は健全」とみている。

 同社幹部は「炉心が溶融した可能性がある」と話した。

 3号機は原子炉建屋内に水素ガスがたまり、水素爆発の危険が指摘されていた。既に避難指示が出ている同原発から半径20キロ・メートル以内に残っていた約600人に対しては、緊急措置として屋内にとどまるよう呼びかけた。東電によると、保安院の指示で同原発南側5キロ・メートルの範囲を立ち入り禁止とした。東電によると、爆発が起きた時、地上は無風で、上空は、西もしくは南西へ風が吹いていた。

 1号機でも12日午後3時すぎ、水素爆発が起き、原子炉建屋が骨組みを残して吹き飛んだ。3号機の爆発は、水素爆発特有の白い煙とともに、1号機の時よりも高い灰褐色の煙と炎を伴っており、水素爆発に加えて他の異変が起きた可能性もある

 東電によると、14日午前1時10分から3時20分まで、原子炉を冷やすための炉内への海水注入を一時中止していた。このため炉内の燃料棒の露出が進み、水蒸気が燃料棒に長時間触れて、水素が大量に発生し、爆発につながった可能性があると見ている。

 3号機近くにある中央集中制御室には13~15人残り、炉内へ冷却水を注入する作業を継続している。格納容器周辺放射線量に大きな変動はみられない。午前11時30分現在、残存した原子炉内の燃料棒は、上部約1・8メートルが冷却水から露出し、危険な状態が続いている。発電所正門付近の放射線量は1時間あたり50マイクロ・シーベルトで、同44分には20マイクロ・シーベルトに低下した。


あと、前も引用したけど、これ。

灰褐色の煙300メートル上昇…爆発の3号機 : 福島原発 : 特集 : YOMIURI ONLINE(2011年3月14日14時30分 読売新聞)
詳細は不明だが、この爆発の後にも、爆発があった。最悪の事態を想定すると、1回目の爆発によって、高圧の格納容器が損傷し、新たな爆発を生じたということも考えられる。その場合、原子炉を覆う最後の壁が破れたことになり、放射能を帯びた水、水蒸気などが外部へ放出されることになる。


つまり、東電は、最初3号機の爆発は「2回」あった、と認めてるようなのだ。

土壌からプルトニウム微量検出…福島第一原発(2011年3月29日00時04分 読売新聞)


3号機水蒸気爆発 [3号機]

現在の3号機
unit-3-new.jpg
New Unit 3 Damage Photo Published by Cryptome

fukushima-kukan.jpg
3月15日の空間線量、、、

Fukushima Unit 3 : Steam-Explosion Theory

3号機が水素爆発でも即発臨界でもなく、格納容器内の水蒸気爆発という説を読んだ。

今までいろいろ3号機爆発をネットで調べたけど、だいたい、

「水蒸気爆発で、格納容器のフタが吹き飛んだら、総員退避になるし、作業なんてできない。敷地内の空間線量だって、他のモニタリングポストだって、10ミリシーベルトとか300μシーベルトなんかじゃすまない」

というので、否定されていた。

だから、僕もまさかな、とは思っていたんだけど、

この説だと、「格納容器内の水蒸気爆発で、蓋が一瞬『持ち上げられて』、そこから猛烈な勢いで水蒸気と燃料が吹き上げられた」というのだ。

ええ?フタがちょっと開いて、また閉まったの?と思ったが、たしか、蓋はゴムのパッキングが何かをネジ止めしてて、そこから圧力が漏れるということがある、みたいにどこかで読んだことがあるから、あながち否定できないのではないだろうか?

それだと、一瞬「膨大な」放射性物質が放出されるけど、チェルノブイリみたいに延々と出るわけではないから、放射線も瞬間的に跳ね上がるだけだと思う。

そして、敷地内の最高空間線量は12mSv/hだけど、こんなの小細工されても分からないだろう(もちろん建屋で400mSv/hとかは出てる)

あと爆発直後の読売で、

灰褐色の煙300メートル上昇…爆発の3号機 : 福島原発 : 特集 : YOMIURI ONLINE(2011年3月14日14時30分 読売新聞)
詳細は不明だが、この爆発の後にも、爆発があった。最悪の事態を想定すると、1回目の爆発によって、高圧の格納容器が損傷し、新たな爆発を生じたということも考えられる。その場合、原子炉を覆う最後の壁が破れたことになり、放射能を帯びた水、水蒸気などが外部へ放出されることになる。
とあるのだ。

正直分からないんだけど、

ずいぶん前のガンダーセンのビデオを見たら、何となく、使用済み燃料プールの即発臨界とは別に、「格納容器」で何かがあったことを、ガンダーセンも認めているようなのだ。

それと、ちょっとおかしいと思うのが、3号機の赤外線写真を見て、「熱源が燃料プールにあるから、ここで爆発が起きた」みたいに言ってるんだけど、

unit3-thermography.jpg

このサーモグラフィーにもある通り、確かに、燃料プールは高温になっている。でも、同時に、格納容器の周辺に、3カ所、やはり高温の部分がある。中心には何もないから、何かが「吹き出した」ように見えませんか?

それで、ガンダーセンは、燃料プールの中で「爆ごう」が起きて、それが音速で垂直方向に吹き上げられた、と言うんだけど、それなら、燃料プールの「上」にキノコ雲が上ると思いませんか?



ところが、このビデオを見ると(またすぐ削除されるでしょうけど)、建屋中央で巨大爆発が起きてるようにしか見えない。しかも燃料プールの爆発の閃光が見えて、一呼吸置いてから上に吹き上げられる。

(この解説の人、最初『(1号機よりも)煙が黒っぽい』とか『下に見える水蒸気のようなものは何なのか』とか言ってて、後から『1号機と比べて、煙の色は似ていますけど、、、』とか言ってる。いや、全然『色』違うでしょう、、、。番組中に、『黒煙』ということには触れちゃいけないっていう指示が出たんだと思う)

ガンダーセンの推論だと、これは3号機の建屋が頑丈なコンクリートでできてるから、1号機の軽い壁が水平方向に吹き飛んだようにはならず、内側に向かって、それから上に向かった、みたいな話なんだけど、いくら頑丈だからって言って、あのエネルギーを全て閉じ込めて垂直方向に「銃口のように」集中させるなんて、「コンクリートの建屋」でできると思います?

だから、ガンダーセンは、「燃料プールの中で」爆ごうが起きたと言ってるんだけど、

それだったら、中央じゃなくて、燃料プールのある端の方で起きるような気がするのだが。

9434904-essay.jpg

そして、爆発直後から水蒸気が吹き出てるのが、ちょうど格納容器の熱源がある辺りなんです。燃料プールからだけ出てるわけじゃない。

いずれにせよ、「蓋が一瞬開いて、また閉まった」っていうのは、斬新な見立てだと思った。

そんなことが現実的に起こりえるのか? 誰かもう少し解析してくれないだろうか?

燃料プールにせよ、格納容器内の燃料溶融物にせよ、もう恐ろしいものが外に出てしまったことは間違いないのだが、、、。






3号機爆発時の被曝作業員 [3号機]

その後どうなったのだろうか?

爆発で新たに7人被ばく 東電社員と自衛隊員(2011/03/14 23:41 【共同通信】)

 福島第1原発3号機の水素爆発事故で、東京電力は14日、作業をしていてけがをした社員や協力会社の作業員ら6人が被ばくしたと発表した。5人はすでに除染、残る男性社員(23)は意識があり、放射線量も高くないが、内部被ばくの可能性もあるという。

 文部科学省も同日、社員らと作業中にけがをした男性自衛隊員1人が被ばくしたと発表。自衛隊員も内部被ばくの可能性があるため、放射線医学総合研究所に搬送された。

 社員らと自衛隊員は冷却機能が下がった3号機の炉心に海水を供給する作業をしていた。

 避難住民らに被ばくがあるかどうかについて、枝野幸男官房長官は14日午後の記者会見で「風の影響などで正確なところは判断できない」とした上で、「周辺の数値に基づけば、人体に影響を与える可能性が少ない量の放射性物質が付着などしている可能性がある。チェックしているところだ」と話した。

 一方、総務省消防庁は同日、福島第1原発から放出された放射性物質で13日までに被ばくが判明した、病院からの避難患者ら3人から除染後も汚染の高い数値が検出され、二次被ばく医療機関に搬送されたと発表した。

 放射線医学総合研究所は「内部被ばくが疑われ、除染剤の投与を検討する状況だ」と指摘。放射性物質の種類によって薬剤の種類や投与方法が異なるため「種類を決定し、対処方法を選ぶための検査に向かったのではないか」とみている。

 ほかに入院患者らの搬送にかかわった消防隊員3人から、通常の2倍程度の放射線が検出されたという。