So-net無料ブログ作成

助産院で産むこと [出産]


舌小帯についてブログ書く。ネットで、助産院で死産した人のサイト見る。これについては僕もブログで書かなければならない。




最初に言いたいのは、助産院で分娩中に、母子の様態が急変した際の緊急搬送は必ずリスクを伴うし、もし連携がうまくいってなければ、それは何らかの形で改善されなければならないと思う。だけど、だからと言って、現在の助産所がどこも最悪で、そこで産む人は洗脳されているとかは、思わないということ。多くの人は、現行の病院、現行の助産院、どちらのメリット・デメリットも考えて、選択していると思う。気楽に自然に産みたいなんて考えは、病院だろうが助産院だろうが迷惑だし、お産に対する妊婦の主体的な心構えと体作りを要求する意味では、現在も存在意義のある助産院は数多くあると僕は思っている。




この人によると、まず問題は「助産院の自然なお産は素晴らしい」というきれいごとばかりをメディアが流して、そのリスクが周知されていないから、その偽りのイメージに「洗脳された」妊婦が、安易に助産院で出産しようとしてしまい、結果、病院に搬送されて致命的な障害を負ったり、あるいはこの人のように「言われたとおり努力したけど、助産師の判断ミスにより」死産に至ることがある、ということ。だから、もういい加減、自然分娩だ母乳育児だって誇らしげに吹聴するのはやめてほしい、と言っている。コメントしている医師は、開業助産師などいなくなって、全部産科に取り込まれればいい、と言っている。




周産期の様態急変は、誰にでも起こりえる。産科でも助産院でもそのリスクは変わらない。そしてそれに対応できるのは病院だけだ。だから助産院でも緊急時は病院に搬送する。




自然、自然と言うなら、なんで自宅で自分だけ生まないのか? 都合の良いときだけ、病院に頼ろうなんて調子が良すぎる、と言う。




ある有名助産師さんのテレビ番組を、リスクを無視して無理な仕事をしていてとてもプロフェッショナルだと呼べない、とか、有名な助産院の○○医院から搬送されて死産になって、それでも○○医院は良かったと言っている人を「狂信者」と呼んだり、それをコメントで「やめてください」と言った人に対しては、ネットに発表したらやり玉に上げられるのは当然だし、それぐらい人に不快感を与えた文章を書いた本人が悪い、とかのやり取りがある。




他にも




病院は救命ボートと救命胴衣と万が一の事故に対応できる乗組員のいる客船




であり、




助産院はアットホームな接客が売りだけれども、救命ボートや救命胴衣や緊急事態に対応できる乗組員はなく、万が一事故になったら他の船に助けを求めるしかない客船




と例えて、この二つがなぜ同じ料金なのが分からない、と言ってる。そして遭難しそうになったら助けるのは近くにいる客船なのだ、と。




そして助産院を選ぶ人は、その「雰囲気」ばかりに惹かれて「何か起きても他の船に助けてもられるから大丈夫!」なんて気楽に考えてることが大問題だと言う。




まあたしかに、そんな風に安直に助産院を「アットホームだから」という理由だけで気楽に選ぶ人もいるかもしれないし、それは問題だと思う。でもだいたいの人は「家庭的な雰囲気」って言うより、「命」をどう迎えるかとか、家族をどう作るかとか、そういう総合的な判断とそこにある大きなリスクを承知して助産院を選んでいると思う。僕らもそのつもりだった。(これは病院についてだって一緒だと思う。「安心だから」「みんなそうしてるから」と安易に病院を選ぶ人もいれば、安心を選ぶことこそが命を大切に考えることだ、と病院を選ぶ人もいるだろう)




ただ実際、助産院の最初の説明会でも、妊娠中の指導でも、リスクについてはしつこいぐらい言われるから、多かれ少なかれそこで「気楽さ」はなくなると思う。それはもちろん、助産院だって、いい加減な気持ちで出産に臨まれたら、簡単に搬送になってしまうから、そのリスクを減らすために必死に指導するだろう。僕はそれは誠意だと思う。




助産院を選ぶ多くの人は、そういう話から、病院で「万が一の際の安心」は得られるけど、助産院ではその安心は「ない」(ないから搬送される)ということは承知しているだろう。




そして病院では「安心」の代わりに過剰な(不測の事態を予測・回避するために不可欠な)コントロールがされる可能性が高いことも承知しているし、助産院では緊急時の安心がない代わりに、自分の体を大事にしたお産ができる「可能性」があることも承知している。




だから、自分自身が努力して(ある意味追い込まれて)、その「可能性」に賭けている部分が、助産院にはあると思う。そして助産師はその「賭け」を最大限にサポートする。




僕たちはそういう風に理解していたつもりだ。




もし万が一何かあったら?と考えた。その時は、提携先の病院に搬送されることだって承知していた。だから、そうならないように最大限の努力をしたつもりだし、「もしそれで何かあったら」その時はそれを引き受ける覚悟はしていたつもりだ。




実際、妊娠中は妻は努力した。毎朝日の出とともに起きて2-3時間歩く。食事も甘い物は控える、冷たいものは飲まない、などなど。




だからと言って、「絶対安産」の可能性はないだろう。(もちろん僕らはそれを『信じて』いたけど) だから、プレッシャーもある、もしかしたらという気持ちがあるから、毎日をおろそかにできない。別に病院でだって同じ指導受けるのかもしれないけど、それは分からない。




そして結果は安産で、満足のいくお産だった。病院では絶対に味わえない(と推測する)一体感で子供を産めたことに感謝している。病院のお産がどうなのか僕は知らないし、比べることもできないから、ただ今回のお産は心に残る最高の思い出だったとしか言えないし、そういう結果になったことに感謝している。




では、だからといって「100%助産院は安全」と言えるか? 言わないだろう。いつだって必ずリスクはあるし、今回良かったから次も大丈夫という保証などどこにもない。このブログの人のように、努力したけど悲しい結果になる場合だってあるかもしれない。




ではその「保証」「安心」がないから、僕らが次は病院で生むかと言われれば、また助産院で生むだろう。人にだって「リスクを含めて」勧めると思う。あくまでも僕たちはこうだった、という具合に。




では、今回のお産で、もし、最後の最後に何かがあって、最悪死産とか、母体や胎児に重大な障害が残った、ということになったらどうするか?




そういった事態を助産院が単独で回避する手段は、「搬送」以外にないんだと思う。それで、その「搬送」という数分間のせいで、生死が決まることもあるだろう。




で、その部分に関してはやっぱり「賭け」なんだと思う。自分たちの力を「信じてる」わけだ。




仮に、このブログの人が、その「搬送」こそが許されない行為で、自然分娩とか言いながら、最後は医療に頼るなんて、ずうずうしい、病院の迷惑、それなら死産しても母親が死んでも、最後まで自分たちでやればいい、何なら無介助で自宅出産すればいい、と言うなら、今の助産所の出産は到底受け入れられないものだろう。




だから、ブログにコメントしている医師が「助産所なんてなくなればいい。全て産院に吸収されて、その中で助産師が介助すればいい」ということになるんだと思う。




でも、それがある意味、現在の助産院とその提携病院の関係ではないだろうか? いやそんな提携当てにならない、「搬送」にかかる時間がある限り、そのリスクは変わらない、「提携病院があるから万が一でも大丈夫という考え自体が甘い」と言うけど、そんな風に「搬送されれば大丈夫」なんて助産院で産む人は思ってないだろう。「搬送されたら最悪の事態になる可能性もある」とは認識していると思う。そしてそうならないように最善の努力をすると思う。そうなった時はその最悪の事態を覚悟する心構えを持って、助産院を選ぶと思う。




何言ってるんだ、努力したってだめなものはだめなんだよ!って思うなら、最初から助産院なんて選ばない。分娩中何かあったら、最悪の事態の場合1秒の猶予も許されないだろうから、搬送時間は限りなく0に近い方がいい。そう考えるなら病院の分娩室を選ぶしかない。




だから、助産院を選ぶ人は無知かと言うと、分娩中や搬送中の事故についてのリスクは心のどこかで皆「あり得ないことではない」と思っていると思う。だから、そういったことは「ない」と「信じて」、助産所で産むことを選んだ妊婦は、覚悟してやってると思う。だから「賭け」なんだと思う。(賭けるって子供の命をか?と言われれば、そういう意味じゃなくて「これで大丈夫なはず」と信じること。そしてその賭ける部分は、病院で産む場合にもどこかに必ずあると思う)そしてもし最後に搬送されたら、最悪の事態を覚悟しなければならないし、迷惑をかけることになるのかもしれないのは、承知していると思う。




それでもしそうなったら、このブログの人から見れば、「ほら見ろ、言わんこっちゃない。え、どうだい?それが自然かい?結局医療に頼るしかないだろう?そのリスクをあんた考えなかったのかい?今の事態を考えてりゃ、最初から病院で産んだ方が良かったろうに。あんたの利己的な賭けでもって、いろんな人に迷惑かけた。子供にも迷惑だ」ということになる。




それでさらにその搬送途中で胎児が死亡してしまったら、その親の利己的な都合でもって、生命が奪われたことになる。




もしそんなことになって、それが理不尽な理由によるものだったら、考えるだろう。その人自身の問題として。しかしそれで「病院の方がいい」となるかどうかは、その状況によると思う。ブログの人のように、助産院が大嫌いになる可能性だってあるだろう。だから僕はここで、あくまでも僕の個人的な経験から話している。




「搬送がもっとも危険なのに、そこを助産院は丸投げにして、責任を負わない」ことが気に入らないなら(別に丸投げなんてしないだろうけど)、いずれ病院の中に助産院がその良いところを残したまま取り込まれても構わないし、現在はその過渡期のパートナーシップと考えてもいい、と思う。




それとも、このブログの人はこう言いたいのだろうか。助産師が本当は医療介入無しではやっていけないのに、それを自分たちだけが特別で「すばらしい自然なお産」を提供できると偽って、それを独占するためにパートナーシップを妨害している、と。だから全ての助産師は速やかに「すみません、私たちは医療に頼らざるを得ない無能者なのに、たまたま産婆という時代遅れの職業を受け継いだだけで、現代においては一人じゃなにもできないんです。これからは病院の中で働きますので、どうぞ好きなように使ってください」と認めてほしい、と。




僕はそうは思わない。だって現行の助産所のどこかにデメリットがあるのと同じように病院にもデメリットがあるから。




「そう思わないのはあなたが『たまたま』多少マシな助産所で、『たまたま』安産だったから」と言われても、それは分からない。状況による。「たまたま」ひどい病院で「たまたま」死産する可能性だってないわけではない。




なぜなら100%安心とか100%快適とか100%自然とか、そんなのないと思うから。やっぱりどこかに妥協はあるし、どこかで何かを「信じて」「賭ける」部分はあると思うから。それは病院でも一緒だと思う。




もしかしたら必要のない陣痛促進剤や会陰切開を施されるかもしれないけど、もしかしたら自然に生めるかもしれない、そして最悪の事態では緊急に対応できるから病院を選ぶ、としても、そこには信じて賭けている部分もある。




そして、最悪搬送されるかもしれないけど、それを個人の努力で補えば、母体にとって負担のない、胎児にとっても負担のないお産ができるから助産院を選ぶことも一つの賭けだ。




いやいや、だからその「搬送」が問題なんだよ、と言われても、そうですか、まあその部分では申し訳ないけど医療に頼らざるを得ません、でも、できるだけのことはやりたいんです、と言うしかない。だってただやみくもに「自然分娩したい」って思ってるわけではなく、数ある出産方法の中から一つの可能性を選択しているわけだから。




どんなに努力していても搬送中の様態急変が起きる可能性は0ではない。そして、そういったリスクを限りなく0に近づけているのが日本の周産期医療だとしても、僕はこの確率のことはよく分からない。飛行機で死ぬ確率とか、車で死ぬ確率とか、豪華客船が沈没する確率とか。0.1%と0.5%のリスクと言われても、どちらをとっていいか分からない。どこかで「大丈夫」と自分に言い聞かせる部分はあるし、一度その方向に歩み出してしまえば、後は信じて突き進むしかないと思うから。もちろんその過程でも客観的な判断は失わないようにしたいけど、「常に」客観的ってのは無理だと思う。実際お産に立ち会って思ったのは、子供を産むってのは「現実的に」命かけて全身全霊で産むわけで、その瞬間は僕も夢中だったもの。ただ、助産師さんはすごく冷静にお産を誘導してくれたと思う。「いやいや、そんなの当てにならない。助産師の腕うんぬんにかかわらず、不測の事態ってのは起きるものだよ。だからモニターで監視しなきゃだめなんだよ」と言われても、どこまで備えなければいけないのか、分からない。じゃあ医師の腕は絶対なのか、モニターは絶対なのか。




科学でも自然でも、最後は信じる精神の部分ってあると思う。それで、そういう精神の力を「非科学的」と言われても僕は分からない。リスクを限りなく0に近づけるために監視分娩があるのだとしても、科学にだって不確定の部分はあるわけだから、不測の事態が起きる可能性だって0ではない。そうなると、その数値やらデータやらを「信じる」部分がどこかに必ず出てくる。そして僕たちはその数値を信じる代わりに、母体の力とそれを日々作り上げること、そして助産師さんの腕を「信じた」んだと思う。




この信じる気持ちを維持するためには、心も体も毎日鍛えなければならないし、相当真剣にやらなければならない。でも別にそれで「私たちが病院で産む人より賢い選択をした」とか思わない。とにかく何かを選ばなければいけないわけだから、考えて選んだ。だから、お気楽に産みたい人は、助産院はやめるべきだと思う。だからと言ってそういう人が病院で帝王切開で産めることが「良いこと」だとも思わない。お産をお気楽に考えることは、病院にとっても助産院にとっても迷惑だと思う。努力したって不測の事態で帝王切開ってことだってあるわけだから、そのための医療であって、楽して出産させるためのものではないと思う。




真剣に考えた人たちにとって、助産院で産むことが無知ゆえの無謀行為だなんて、僕は思わない。提携病院がなくても助産院行くか?と言われれば、行かない。無介助で産めば?と言われても、やらない。当たり前だ。そこまで自然にこだわらないよ。だって人間の生活って自然じゃないもの。助産だって厳密な自然じゃないもの。じゃあ搬送されてる間に死産になったら?と言われたら、そうならないように最大限の努力して、もしそうなったらどういう状況でそうなったのか考えて、対処する、としか言えない。そのリスクを丸々取り除くことはできないけど、その辺の不確定要素は、母体が持つ力を信じて努力することで、最大限減らすことができると「信じてる」から。そうすれば病院の与えてくれる「安心」以上のものが得られると「信じてる」から。この部分に関してはほとんど信仰だと思う。まあ科学を信奉することも同じだと思うけど。だから、心の内に留めて、「助産院いいよ!」なんて安易に布教はしない。




僕らは現在あるシステムの中から、病院・助産院とも最大限の情報を集めて、助産院を選択し、助産件数が多くて病院との連携がうまくいっていそうなところを探して、話をして、信頼できると思った助産師さんのところで産んだだけだから。周りには、病院で産んで安産だったっていう人もいれば、自宅出産予定が胎盤剥離で予定日1ヶ月前に病院に緊急搬送、帝王切開直前に陣痛が来て、ぎりぎり経膣分娩した、なんて人もいる。そんな情報の中から(限られた情報だけど)自分たちが病院の監視分娩よりも助産院での「努力分娩」を意志をもって「選択」したわけで、それでも未知の部分がたくさんあったと思う。だけど結果良かったから、また次も同じようにすると思う。でもどんな場合でも、決して「お気楽」に臨むことなんてないと思うし、より良い出産環境が作られるなら、病院でも助産院でもどちらでも構わないと思っている。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。