So-net無料ブログ作成
検索選択

双葉町事故直後毎時1590マイクロシーベルト [原発事故]

福島・双葉町、事故直後1590マイクロシーベルト(朝日新聞2012年9月22日12時9分)
また、上羽鳥の場合、同原発1号機の水素爆発よりも前の12日午後3時に最大値を観測しており、県は「爆発前から放射性物質が漏れていた」と見ている。今後、風向きや風速など、詳細な分析をするという。

双葉町で敷地外最大の放射線量…水素爆発直前(2012年9月21日20時52分 読売新聞)

双葉・上羽鳥1590マイクロシーベルト 残存データ回収(2012年9月21日 福島民友ニュース)
1号機で水素爆発が発生した3月12日午後3時36分の後に、双葉町西部の上羽鳥地区で計測された毎時1590マイクロシーベルトが最大値だった。同じ12日午後に最大値を観測した地点が複数確認されたことが特徴で、最初の水素爆発により、濃度の高い放射性物質が外部に放出された可能性がある。

何で今さら、と思うけど、重要なのは、1590マイクロシーベルトという値よりも、一号機の水素爆発前に大量に放射能漏れが起きていたということだ。(福島民友はなぜ『水素爆発の後』なんて書いているんだろう?)

爆発前であれば意図的なベントなのだから、殺人行為だろう。

こういうことを言うと、過小評価のためにまた「チェルノブイリ」の話を引っ張って来て、「それでもたいしたことない」と抜かす人が出てくる。

毎回毎回、「火事で1人死んだ」と言えば、「いやいや、ロシアの火事では10人死んだから、たいしたことない」みたいに言ってくる。

だから一体なんだと言うのだろう? 単純にどっちもひどい話なだけだろう。

では、今一度、福島とチェルノブイリを比較してみよう。

(前記事:チェルノブイリ原発事故直後の放射線量

チェルノブイリで10km圏内の空間線量最高値は毎時1000〜3500マイクロシーベルトぐらいとされる。

今回の発表で、福島でも瞬間的な空間線量はたいして変わらないことが分かった。

では、もっと原発に近い場所であったらどうか。

福島原発敷地内だと正門で「毎時12ミリシーベルト(12000マイクロシーベルト)」出ている。

チェルノブイリだと、爆発後40時間後ぐらいで、原発から数kmのプリピャチという街で「毎時13ミリシーベルト(13000マイクロシーベルト)」が出ている。

ではその最高値がどれぐらい続いたのか?

福島は正確には分からないが、長くても数時間ではないだろうか?

それがチェルノブイリでは100時間以上続いた。

そしてプリピャチでは、その「毎時13ミリシーベルト」の中、一般市民4万5千人がバスに乗って避難した。

チェルノブイリ北方17.5kmのボルシチェフカ村で、何も知らずにプリピャチ川河畔で二日間日光浴をしていた男性は、急性放射線障害で病院に入院した。全身の被ばく量は推定3シーベルト(3000ミリシーベルト)だった。

福島原発事故の最中に上半身裸で日光浴していた人間なんていないし、毎時13000マイクロシーベルトの放射線量の中を避難したりしてないだろう。

チェルノブイリでは30km圏内9万人の避難が完了したのは事故から10日後で、その間人々は、毎時400-1200マイクロシーベルトの環境に閉じ込められた。

だから福島原発事故では神風が吹いて、東日本全体の住民の被ばく量が少なく済んで本当に良かったと思っている。

しかし、被ばくしなかったわけではないし、単純に空間線量だけ見ても、爆発直後に半減期の短い放射性核種でどれぐらい被ばくしたのかなんて全く分からない。

(だからこの間の子供の甲状腺検査の結果は予想外だった。やはりその初期被ばくが影響したのかと思っている)

それをチェルノブイリと比較して「たいしたことなかった」なんて言うのは、東電や政府や原子力関係者を擁護することにしかならないだろう。

「毎時1590マイクロシーベルトなんて聞くと、一瞬びっくりするでしょう? でも、見てください、チェルノブイリ。毎時13000マイクロシーベルトの中で4万5千人避難! それに比べたら福島、もう全然たいしたことないですよ」

こんな戯言を「ああ良かった」と受け入れられるなら、どれだけ頭が麻痺してるんだと思う。

ガンや白血病や甲状腺障害よりも、最も多くの人に表れる放射能による健康被害は、「慢性的に具合が悪くなる」ことだと思う。

空間線量が1590マイクロシーベルトだろうが1マイクロシーベルトだろうが、被ばく量に関わらず、その被害はもうすでに出ているし、これからもっと増えるだろう。

数字で一喜一憂している場合ではないのだ。




意見書 「今、福島の子どもたちに何が起こっているのか?」 [被曝]

意見書「今、福島の子どもたちに何が起こっているのか?」松崎道幸(深川市立病院内科・医学博士)2012年5月12日より

うーむ。なぜだ。何が起きているんだ。

やっぱり、3号機の揮発した燃料棒のせいか、2号機のドライベントのせいか、とにかく公表されてるセシウム放出量とは別の核種が拡散したとしか思えない。

clip1.jpg

clip2.jpg

南大隅町核関連施設立地拒否条例制定のためのパブリックコメント [原発事故]

放射性廃棄物最終処分場の候補になった、鹿児島県南大隅町役場が、「核関連施設立地拒否条例制定」のためにパブリックコメントを求めているようです。

南大隅町ホームページ ご意見・ご要望

なんでわざわざ汚染されていないところに放射能を持って行かなければならないのか?

危険か?危険じゃないか?経済か?命か?なんて言ってる場合じゃなくて、放射能は不幸にも汚染されてしまったその場所に閉じ込めて、東京電力と原発推進して来た人間が管理しなければならないのだから、絶対に移動してはならない。

----------

放射性廃棄物(汚染土や瓦礫を含む)の処分場計画に反対します。

原発使用済み核燃料の中間施設立地に反対します。

核関連施設立地拒否条例制定を要望します。

福島第一原発事故で日本は取り返しのつかない放射能汚染を被ってしまった。これ以上汚染を拡散させてはならない。

長期的な低線量被ばくの健康への影響、特に子供への影響は、科学的に安全であることなど何ら証明されていない。20年30年後に表れる可能性のある健康被害から子供を守るためには、放射性物質を移動せず、焼却せず、全て東京電力福島第一原発敷地内に閉じ込め管理するべきだ。

経済という名の一部の人間の利権のために、私たちの子供を例え一人でも犠牲にしてはならない。

美しい自然を守り、それを未来の子供に送っていただきたい。

原発容認派が反原発をたたく理由 [雑感]

容認派は「論理的でありさえすれば、みんな納得するはずだ」と言う。

「論理的でありさえすれば、全ては客観的に『最適解』となって、そこに誰もが必然的に到達するはずで、これしかないってのは分かるよね?」

と優しく語りかけてくる。

いや納得いかない、と言うと、

「それ分からないって言うなら、勉強不足で、感情論で、ただの無知で、ゴネてるだけだ。何でおまえら説明しても分かんないのかな?だんだんもうしゃべるの嫌になってきたよ。もう勝手にしろ!ほんとバカだなあおまえら。おまえらのせいで脱原発も台無しになる」

みたいにまったく譲歩せず、

「冷静に話し合いましょうよ」とか言いながら、

「何で俺の言っていることを理解できないんだ!」と、激烈に反原発をたたき始める。

こういう人いるよなあ、と思う。

で、こういう人間ってじゃあ万能なのか?というと、そんなこともなくて、失敗したり、人を傷付けたりしているわけだが、

その時ですら、自分の行動には何の否もないと言う。

なぜなら、自分は常に「考え抜いて」「最適解」を「全力で導いた」わけで、それ以上やりようがなかったのだから、「じゃあ一体どうしろって言うの?おまえができるの?」と開き直る。

いや、開き直るとかじゃなくて、それ以外にこの人の答えはないのだ。

うん、いるんだ、こういう人間、たしかに。

こういう人って、自分がダブルスタンダードなのを承知しながら、「ダブルスタンダードにならざるを得ない」みたいな奇妙なエクスキューズを用意している。

まさに、「容認派」ってのは、そういう類いの人間なんだ。

だから、こういう人間は自分の過ちを全く理解できない。

とにかく「俺はぶれない」みたいな過信がアイデンティティーの核心でもあるし、そこを絶対に否定できないから、その保全のためには、勉強に全力を尽くして、とにかく相手を論破する、みたいな独善的なやり方しかできない。(だから、自分を可愛がるための努力は惜しまないという意味では、かなりの努力家だと思う)

ところが、「現実」ってのは、やっぱり別なんだな。

それは論理だけをもっては捉えられない。

論理ってのは、結局「すでに起きたこと」から演繹して、未来を予測することしかできないから、「これから起きること」と必ず、必然的に齟齬が生じる。

その齟齬ってのが、人間の力能ではどうしても取り去ることができないから、そういう部分ですれ違いや誤解や、場合によっては災厄や戦争が起こって、そうなるともう解決できないから、裁判所や国際法廷で、法の元に裁いてもらうことになる。

だから、今回の原発事故ってのはまさにその「齟齬」そのものなんだな。

それなのに、それが「受け入れられない」。

なぜかと言うと、結局それは「起きない」と言い切ることに、自己の全ての基盤を置いてきたわけだから、その事実を否定したら、自分の存在も全否定することになる。

だけどね、だからこそ、裁判があるわけだ。

今、福島原発の責任問題について、全てを津波のせいにできるんだとしたら、本当に行政も司法も崩壊してると思う。

しかし、現実に日本という社会がそうやって、誰も責任取らずに生きながらえてるわけだから、そこで、「俺は間違ってない」ということは、「日本政府も間違ってない」ということで、今のところは自己肯定できるんだと思うし、「最適解」とか言いながら、結局「国家の言ってることは、最適解だ」っていう、「保守」の考え方を踏襲してるに過ぎないんだ。

「自分はもしかしたら間違ってるかもしれない」と思いつつ、間違いがあれば反省するということができない。

いや、できないとかじゃなくて、権力者には「俺がこうだと思ったことを全力でやって、間違ったらしょうがないだろう」って頭しかないんだし、原子力に「含み」なんて持たせたら、それこそカタストロフの可能性を公に認めることになる。

だから、推進派は原子力を守るために、「嘘をつくことも最適解だ。だから間違ってない」というエゴの極北みたいな答えを出す。

原発爆発時に屋内退避を呼びかけたらパニックになるからみんなを被ばくさせたのも、やつらにとってはそれが「最適解」だったからだ。

だけど「間違ってるか、間違ってないか」なんて、その人個人が決定する事じゃないだろう。

自分がどんなに優れたことしたと思っても、多くの人間にとって迷惑であれば、それは間違っている。

つまり、こうだ。

主張自体が否定される所以というのは、どこにもないわけで、どれだけの数の人がそれに賛同しているかということが問題になる。

だから、何か反原発デモに関しても、「10万人なんか集まってない」とか、おかしなところで因縁を付けてくる。

これは、結局、「数」が民主主義においてでかい意味を持つことを、保守の人間は理解してるから、どうにかその芽を摘みたいんだと思う。

、、、なるほど、、、ここだな。

ここがポイントなんだ。

なんで容認派というのが、「主張したい事主張すればいい」とか言いながら、相手の矛盾を激烈なまでに論駁したり、誹謗中傷したりするのかと言うと、この「数」のバランスが逆転することを一番恐れてるのは「保守」なんだと思う。

「論理」とか「客観性」とか「最適解」っていうのは、結局体制派の「数」によって「政治的に」決められていることを、保守の人間は嫌と言うほど分かっているわけだし、だからこそその「保守基盤」の固守のために、必死になるんだと思う。

つまり、「科学的に証明されている」と言っていることはイコール「科学的に証明されているということを疑わない人間の方がたくさんいる」って言うことだから、

科学的かどうかの問題よりも、それを信じてる人間の数が多いか少ないかの問題になっている。

科学というよりむしろ宗教心に近いぐらい、そんな判断は「印象」に大きく左右されるから、「放射能は関東も汚染した」とか口が裂けても言えない。放射能や原子力発電に関しては、保守からすれば「平等な報道」とか「平等な情報公開」なんてあり得ない。

だって、仮にテレビで福島原発事故について「ありのままの報道」をしたら、きっと世論は一気にひっくり変えるでしょう。

ネット上の反原発の言説がすぐにたたかれるのも、小さい噂でも広がれば、自分たちが都合良く決めた「最適解」を否定する人間が増えて、「数」に影響が出ることを、容認派も推進派も恐れているんだと思う。

「論理的に話せ」とか「データ出せ」とか「感情論で煽るな」とか言うけど、本心は、

「これ以上広めないでくれ、みんなの気が変わっちゃう!」

ってことなんだと思う。



原発容認派について [雑感]

原発推進派じゃなくて、「容認派」っていう、もうちょっとやんわりした人たちがいる。

原発はいずれ廃止されるべきだから反原発派の主張も分かるが、今は再稼働はやむを得ない、みたいな。

で、意外に心の中ではそんな風に考えてる人が多いんじゃないでしょうか?

この手の人間の思考っていうのは、

世界っていうのは、理知的に再構成された、厳然たる必然性に基づいていて、それを人は知る事ができるし、知る努力をすれば、完全に予測できるっていう信念がまずある。

で、じゃあ完全に予測できるのか?っていうと、

いや、そうじゃない、それは神じゃないから無理、と来る。

はあ?じゃあどうするの?って言うと、

だから、考えに考え抜いて、勉強に勉強を重ねて、「最適解」を求めるしかない、と来る。

で、もしそれが間違ってたらどうするの?と言うと、

「その時はしょうがない。それしかやりようがなかったのだから、諦めて、またがんばるしかない」と来る。

え、で、誰かが死んだり、犠牲になったり、傷ついたりしたらどうするの?

それはしょうがない。より大なる人間の目的のためになら、多少の犠牲はやむを得ない、それが人間の文明であり、それが契約社会だ。そんなことをいちいち気にしていたら進歩などない。全ては「科学的に」判断されるべきであり、「感性」などに溺れてるのは弱い人間だ、と来る。

これは、結局、そこで犠牲になる「命」や「感情」や「感性」っていうのを、その「理知的な、論理的な、最適解に基づいて展開する社会」における、やむを得ない犠牲として、その集団に属する人間は1つの「契約」として受け入れなければいけない、って言うんだ。

おいおい、と思う。

それなら、憲法にでもそう明記すればいいんじゃないか?

この問題のおかしなところは、こういう人間ってのは、「世界はすでに最適解としてそこにあるから、それに従うべきだ」と言いながら、実際の世界は、「その最適解にも間違いはあるから、どうしても譲れない部分に関しては憲法で規定しよう」ということになっていて、それが「最適解」であるはずにもかかわらず、「いやいや、それはあくまでも『建前』で、本音の『最適解』ってのがあるんだよ」と言うのだ。

え、それはどこにあるの?と聞くと、

「俺の心の中」ってことになる。

なんだよ、それ「感性」じゃん!って思う。

要するに、「科学的」とか言いながら、それを「最適解」と見なしてるのは、その人間の「感性」なんだ。

で、問題はこうだ。

その人間の「感性」ってのは、要は、「命」を簡単にうっちゃれるんだな。

ところが憲法を見てみろ。

「国家の発展のために、経済のために、個人の多少の犠牲はやむを得ない」なんてどっかに書いてあるか?

書けないだろう、そんなこと。

どういう社会だ、と思う。そんな憲法あったら。

つまり、「多少の犠牲を出すことは許されない」から、「基本的人権」や「生命の尊重」が憲法に明記されるわけだし、そこは絶対に譲れない最適解として歴史が築いて来たのだ。
日本国憲法第13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
それを、個人の「感性」でもって、ぽーんと抜き取ってしまえれば、それはもう何も気にせず、必要な時に必要な弱者を犠牲にできる、権力者の理想郷ができるわけで、

実は、この「権力の側にいるつもりの人間」が「国家の気持ちをおもんぱかって」「妄想」してるのが、この、

「ちょっとの犠牲はやむを得ない」ってぶっちゃけてる世界観なんだ。

だけど、ぶっちゃけて済まされないから、憲法があるんでしょう。

個人の生命、自由、幸福追求の権利は「最大の尊重を必要とする」ってのに完全に矛盾するでしょう。

よく内部被ばくの危険性を認めさせたいなら、論文書いてICRP勧告書き換えさせればいいだろう、なんて人いるけど、命より経済、経済言う人は、日本国憲法書き換えろ、って話だと思う。





くやしがる子供 [育児]

子供は、とにかく自分が思う通りにならないと気が済まないものだ。

家の子供も2歳ぐらいの時からずっとそうで、朝起きてお母さんに起こしてほしいところで僕が起こすと、

「おとうさんやだー!あっちいってー!」

無理矢理顔洗おうとしても「やだー!」

パンが食べたいと思ってた時にご飯が出たら

「ぱんがいいー!ごはんやだー!」

そういえば、一時期焼いたクロワッサンのパリパリの皮をはがして、ふわふわの中身と別々に食べるというのにこだわっていた時は、自分でやろうとしてその皮がちょっとでも崩れようものなら、

「ぎゃー!こわれちゃったー!」とか「穴開いちゃったー!」とか大泣きする。

それで「よし、お父さんがやってやる」と、まるで手術でもするみたいにその中身を取り出す時もあるのだが、それでも、

「やだー!ちがうー!」

と何がどう「違う」のかさっぱり分からない。

(バナナの皮をむいた時に途中で折れると「折れちゃったー!」と泣きわめくこともあった)

妻の方はそういう「わがまま」に対して(まあ、わがままではないのだが)、よく「何?どうしたいの???いいよ、じゃあもう食べなくて!」みたいに切れることがあったが、僕は「なるべく」怒らなかった。

まあ正確には『できる限り感情的にならないようにした』というだけで、いい加減ぶち切れそうになることもある。

「何?どこがどう違うの?分からないよ。ここ?こうすればいいの?これでいいか?もうこれしかできないよ!いつもと同じだよ!食べてごらん、おいしいから!」とかだんだん声が荒くなって、ほとんど投げやりになる。

--------

うちの子はどうしてこんなに些細なことにこだわって、「ちゃぶ台をひっくり返す」ようなことをするのかと思うが、

子供には子供なりの正当な理由があって、そうしてるんだと思う。

結局、「こうしたい」とか「こうあるべき」というイメージが、現実にはそうならなかったから、「面白くなくなった」のだ。

大人だって同じだ。「ああしよう、こうしよう」と常にイメージして、それがうまく行くように段取りして、うまく行かなければ反省して、気を取り直してやり直す。

失敗や失望の原因を「過去」にさかのぼって考え、独りよがりにわめき散らせば周りに迷惑をかけるであろうと「未来」を予測し、「現在」を相対化して感情を押さえ付けて「平静を装う」。

しかし、それが取り返しのつかない失敗であれば、「ああ、何やってんだ!」と自分に憤り、他人に対して「何やってんだよ、まったく!」と怒鳴り散らすことだってあるだろう。

ところが子供には現在しかないから、今できないことは永遠にできないし、今壊れてしまったものは永遠に壊れたままになる。

だから大人にとっては些細なことでも、子供にとっては絶望的な喪失感になる。

例えば自分が何よりも大切にしていたガラス製品か何かをうっかり壊してしまったら、涙を流して悔しがる人もいるだろうし、「何そんなことで泣いてるの?」と言われたらカチンと来るだろう。

絶望感の「質」なんてものは、その当の本人にしか分からないものだ。

だから僕ら親は、その幼い心の「絶望」を理解してあげなければならないのだが、いくら言葉で大人が考えるような「理由」を「説明」したところで、子供に「意味」など伝わらない。

大人にとっては当たり前の「理由」も、時間・空間・言語の体系の上で、あるいは社会的な習慣の中で、相対的な意味を持っているだけで、絶対的な真理ではない。

よく「子供は何でもちゃんと分かっているから、きちんと言葉で説明すれば伝わる」とか言われるが、僕はまったく信用していない。

それでうまく行ったとすれば、子供は親の顔色を伺って分かったふりをしてるだけだと思う。そういう自己保存的な狡猾さなら子供も持っている。

子供が不本意ながらも「規則」に従えば、大人は「良い子だね」とほめてくれるから、子供は条件反射的にそれを身につけるのだ。

もちろん言葉で説明し、規則を習慣化することは大事なことだ。

だけど、言葉は単なる「目印」に過ぎない。

現在しか生きていない子供を説得する唯一の手段は、子供を別な「現在」に連れ出して、伝達したいことを身をもって「経験」させてあげることだ。

だから(シュタイナー教育にもあることだが)、とりあえず子供の気をそらせる。あるいは「全く別なこと」をする。

抱っこして、窓の外を見て、「あ、ねこちゃんあんなとこで何やってるのかな?」とか。

うまくいけば「え?何?おさんぽしてるんじゃない?」とか反応するので、しばらくしてから「じゃあご飯食べよう」と言うと、

「まったく何事もなかったかのようにケロッとして」さっきまであれ程問題だらけだったクロワッサンをおいしそうに食べ始める。

もちろん気をそらす作戦が逆効果になって、ギャー泣きがさらにエスカレートしてどうしようもなくなる時もある。

そういう時は、放っておいて洗い物などする。

時間はかかるが、10分以上ぐずり続けたことなどめったになく、たいていの場合、突然あっけなく機嫌が戻って、普通にパクパク食べ始める。

そして照れ隠しでもするかのように、「昨日階段のところにでっかいチョウチョいたよ」とか全く関係ないおしゃべりをする。

まったく理解不明なのだが、子供の絶望は特殊で、それを「忘れる」にも子供独自のプロセスが必要なのだろう。

それを僕らの飼い馴らされた思考と同列に考えて、早く「区画整理」する必要もない。

うちの子供は、だから、社会的に見ると「わがまま」に見えるのかもしれない。

時々食べかけを残したまま「ごちそうさま!」と席を立つことや、「食べたくない!」といつまでも席につかずに寝転んでぐずってる時もあるし、その時は「こら!」と怒鳴る時もある。

ところが、ほとんどの場合しっかり食べるのだ。

それに、誰か他の家族と一緒にいる時などはそれこそ「良い子」にしてるし、時々おそろしくピュアな一面を見せる時もある。

じゃあ別にいいじゃないか、それぐらいムラがあったって。

そういう子供の感情なり気分の「起伏」は、子供が時間や言語の体系を「経験」を通じて身に付けた時に、自然と自発的にコントロールできるようになるものだろうから、無理矢理ならして「社会化」して「良い子」にしたところで、実はもっと大切な力を抑圧してしまうだろう。

子ども甲状腺検査で初めてがんの診断 [原発事故]

子ども甲状腺検査で初めてがんの診断 NHKニュース 9月11日 19時23分

うーむ、、、。久しぶりに考えさせられた。

この原発事故についての認識を改めなければならないかもしれない。

たぶん、もっといろんなことが分かっていて、それで全ての言い訳をセットアップして、タイミングを見計らった上での発表だろう。

そしてまた、

「原発事故とは関係ない」

もう全く誰も信用などするはずもないのに、同じ文言を繰り返す。

「国内では平成18年の統計で甲状腺がんと診断された20歳未満の人は46人」

とのことだから、一県当たり1人小児甲状腺がんになったっておかしくないとでも言いたいのだろう。

そしてやたらとチェルノブイリを引き合いに出して「10分の1だから大丈夫だ」とか「内部被ばくはたいしたことない」とか強調するところをみると、きっと「チェルノブイリと比較した方が都合がいい」んだと思う。

だから、3号機の核爆発や2号機の格納容器破壊(あるいは意図的なドライベント)によって放出された福島原発事故固有の放射性核種の被ばく問題があるわけで、それがもし出るのだとすると、事態をより悪い方に考えなければならなくなる。

やはり半減期の短い放射性核種からの初期被ばくが問題なのか? あるいはα線核種か、、、。

だから汚染食品や放射性ガレキをばらまいて、長期的な内部被ばくでもってその「差」を均そうとしているのか?

そう勘ぐりたくなるような薄気味悪い報道だと思う。