So-net無料ブログ作成
検索選択

福島原発は地震で壊れた [原発事故]

これはもう当たり前の事実だと思っていたんだけど、

何だか、国会事故調の報道を見て、「ああ、まだ隠してるんだ」と思った。

なぜ、メディアは、このことの重要性について、国民にはっきりと伝えないのだろう。

「官邸介入が混乱拡大!」とかは大喜びして書き立てるくせに。

結局「東電がそれを認めていないから」と言うことだろう。

東電だけじゃない。

政府の事故調も、地震発生直後にIC配管が破断した可能性を否定しているらしい。

地震発生から津波による全電源喪失、メルトダウン、水素爆発に至るまでの時系列データ、作業員の証言、記録などをつき合わせると、「地震による配管破損による冷却材喪失」しか考えられないのに、放射能まみれの格納容器の中に入って配管が壊れてるところの確認などできるはずがないから、「計算」するしかないのをいいことに、東電も政府も数字をあれこれいじり回した「シミュレーション」で「破損なし」と断定して、その指摘を無視し続けるのだ。

だから、今回の「国会事故調報告」が「人災」と呼んで断罪しているものは、自分たちに都合の悪い事はごまかし続ける、東電や政府のその「無責任な体質」そのものじゃないか。

じゃあ、なんで「地震のせいで原発が壊れた」ことを認めたくないのか?

分かり切ったことだけど、それを認めたら、「他の原発が再稼働できなくなるから」だ。

津波だったら「想定外」でごまかせるけど、「想定内」の地震で原発爆発を起こしたのなら、日本で原発なんて動かせるはずがない。

だから東電も政府も、保安院も安全委員会も経産省もIAEAも、つまり原子力マフィアは絶対認めようとしない。

そしてその広告費をもらってるメディアも、「地震で壊れた可能性」が指摘されても、そんなのまるでたいした問題ではないかのように、さらっと流す。

しかし原発が地震で破壊されたことはほぼ間違いない「事実」なのだから、「合理的に考えれば」(東電がよく使う言い回しだ)、今後稼動する原発は、津波がなくても「想定内」の地震で福島原発と同じ事故を起こす可能性はあるだろう。

それでもまだ「経済のために」動かすと言い、それを国民が「しょうがない」と諦めているのなら、一体何を犠牲にした、どんな種類の「賭け」なんだ、と思う。

そんなもの、「やつらの儲け」のためでしかないじゃないか。

それとも、その「儲け」がなくなったら、俺たちの「おこぼれ」もなくなる、と本気で思っているのか?

原発が止まったら江戸時代に戻る、なんて、本気で信じているのか?






国会事故調報告書の歪曲報道 [原発事故]

いやあ、ひどいね。

この国会事故調報告書の報道。

どう転んだら「人災」が「首相のせい」になるのか。

もちろん報告書も「官邸介入が混乱を拡大させた」ということについては言及している。

だけど、「根源的な原因」については、
(...)この事故が「人災」であることは明らかで、歴代及び当時の政府、規制当局、そして事業者である東京電力による、人びとの命と社会を守るという責任感の欠如があった。
と、自民党も含めた政府、保安院、東電の責任を明記しているし、「人災」というのは、その関係者全てが引き起こした「人災」と言う意味だ。

それをNHKも「明らかに人災」と報道してその3時間後には、「管首相のせい!」みたいな報道。

国会事故調 “明らかに人災”(NHK 7月5日 14時16分)

事故調“官邸の介入が混乱を拡大”(NHK 7月5日 17時17分)

それに、このニュースタイトルは「官邸の介入が混乱を拡大」って言ってるけど、中身は「被害を最小化できなかった最大の原因は、官邸と規制当局を含めた危機管理体制が機能しなかったこと」と言っている。

つまり、「官邸の介入が混乱を拡大させたが、その(混乱の)最大の原因は危機管理体制が機能していなかったため」という内容なのに、何でわざわざ「官邸の介入」の方を見出しにもってくるか?

そこに執拗に突っ込むなら、なぜ「地震による冷却材喪失の可能性」の方を強調しない?

だって、「地震のせい」で配管破断起きて冷却材喪失、メルトダウンってことなら、「津波のせい」っていう東電の責任逃れができなくなるでしょう。

それに、国民の多くが「津波のせい」って思ってるんだ。

「だからどうすることもできなかった。そして『政府対応』がその被害を拡大させた。だから『管』が悪い」って話になってるわけだし、この報告書は「そうではないよ」と言っている。

「予見されていた地震と津波への対策を取らなかった自民党含めた今までの原子力政策そのものが引き起こした人災だ」って言ってる。

それをまた「根本原因は津波。被害拡大は管」っていう東電の責任逃れシナリオに逆戻りさせようとしているとしか思えない。

報告書のダイジェスト版読むと、すごく明快なんだ。

だけど、メディアがそれをわざとぼやかして、論旨が不明になるような伝え方をしている。

一体何のために?

例えばこれなんか、今度は、その「原子力政策そのものが引き起こした人災」っていう表現を曲解して、「日本文化」がそれを引き起こしたなんて言ってる。

「日本文化」を原発事故の言い訳にするな-社説(7月9日 ブルームバーグ)
報告書は福島で起きた災害を「深刻な人災」としながらも、誰がミスを犯したのかを特定していない。そのかわり、「根っから染みついた日本文化」こそが原因だと非難し、実質的に個人が責められないようにした。結論および提言の中には誰かを告発したり懲罰を加えることは盛り込まれていない。
まず、「根っから染みついた日本文化こそが原因」なんて全く言ってないでしょう。もちろん原子力政策の文化的背景に言及しているところはある。だけど、「それこそが原因」とは言ってない。

何か全体に論調が似ている。

「管首相こそが悪い」とか「日本文化こそが原因」とか、報告書は多角的にその原因究明を行なっているところで、各メディアがその原因の1つを拡大解釈して、勝手に「それこそが根本原因」なんてやっている。

「事故調はこの原発事故の原因を日本文化にあるとした」って勝手に限定して、それゆえ「実質的に個人が責められないようにした」なんていうのも、この社説を書いた人の言い分だ。

「実質的に」なんて付け加えれば、「いやいや、直接的にはそう書いてないけど、『実質的に』そう書いてあるも同然でしょう」とでも言えると思ってるのか?

あと、「誰がミスを犯したか特定してない」「誰かを告発してない」とか言うけど、まだ未解明の部分が多い中での「調査」の1つだろう。だから「福島原発事故はまだ終わっていない」と言っているのだ。

この報告書を元に疑わしい部分を徹底捜査して責任者を特定するのは「検察」の仕事だろうし、そう提言すればいいだろう。

すごくおかしな文章なのだ。自分で変な言いがかりつけて、明記されてもいない結論を勝手に導く。

そうかと思うと、
報告で指摘された重要な点は、東電がこれまで断固としてその可能性を認めなかったものだが、津波が襲う前に地震によって一部の原子炉と安全装備が機能不全に陥った可能性があるというところだ。
などと全うな指摘をしている。そして社説はこう締めくくられている。
われわれとしては、今回の事故調査委員会の報告に盛り込まれた有益な所見や提言が排除されないことを望みたい。
けなしたり、ほめたり、何を言いたいのかさっぱり分からないが、結局は「けなしてる」んだと思う。

「『国会事故調査委員会』なんだから、個人の責任追及から事故原因の解明まで全て完璧にやれ、それができないならこうやってケチつけられて終わりだぞ」とでも言いたいのか。

それほどの正義感発揮するんだったら、何で東電にその矛先を向けない?

まるで揚げ足とって、結局のところ「だから、読まなくていい」と言っているかのようだ。

よっぽど都合の悪いことが書いてあるのだろう。

ぜひ報告書ダイジェスト版に目を通すことをおすすめします。

国会事故調報告書 ダイジェスト版 (pdf 0.8MB)





原発事故は「人災」と断定 [原発事故]

原発事故は「人災」と断定 国会事故調が最終報告(朝日新聞デジタル記事2012年7月5日22時49分)

いやあ、気分いいね。やっと当たり前の声が聞けた。

この報告書、全部は読んでないけど、

福島原発事故は終わっていない」から始まる。

東電社内事故調の「最終報告」とか政府の「原発事故収束宣言」に対する異議申し立てだ。そして、

「人災と断定」

「政府と規制当局の『住民の健康と安全を守る意志の欠如』と結論づけた」

など、内容にも委員の方の良心と、あと、絶対許さないっていう「怒り」が感じられる。

何か救われた気持ちになる。

東京電力福島第1原子力発電所事故に関する国会事故調査委員会

【委員長】
元日本学術会議会長 黒川清氏
【委員】
地震工学者・石橋克彦
元国連大使・大島賢三
元放射線医学総合研究所主任研究官・崎山比早子
名古屋高検検事長・桜井正史
島津製作所フェロー・田中耕一
科学ジャー ナリスト・田中三彦
中央大法科大学院教授・野村修也
福島県大熊町商工会会長・蜂須賀礼子
元マッキンゼー・アンド・カンパニー東京支社長・横山禎徳


国会事故調報告書 ダイジェスト版 (pdf 0.8MB)より以下抜粋:

【はじめに】

福島原子力発電所事故は終わっていない

想定できたはずの事故がなぜ起こったのか。その根源的な原因は、日本が高度経済成長を遂げたころにまで遡る。政界、官界、財界が一体となり、国策として共通の目標に向かって進む中、複雑に絡まった『規制の虜(Regulatory Capture)』が生まれた、、、。

入社や入省年次で上り詰める「単線路線のエリート」たちにとって、前例を踏襲すること、組織の利益を守ることは、重要な使命となった。この使命は、国民の命を守ることよりも優先され、世界の安全に対する動向を知りながらも、それらに目を向けず安全対策は先送りされた、、、。

(...)この事故が「人災」であることは明らかで、歴代及び当時の政府、規制当局、そして事業者である東京電力による、人びとの命と社会を守るという責任感の欠如があった。

【事故の根源的原因】

事故の根源的な原因は、東北地方太平洋沖地震が発生した平成23年3月11日以前に求められる。当委員会調査によれば、3.11時点において、福島第一原発は、地震にも津波にも耐えられる保証がない、脆弱な状態であったと推定される。地震・津波による被災の可能性、自然現象を起因とするシビアアクシデントへの対策、大量の放射能の放出が考えられる場合の住民の安全保護など、事業者である東京電力及び規制当局である内閣府原子力安全委員会、経済産業省原子力安全・保安院、また原子力推進行政当局である経済産業省が、それまでに当然備えておくべきこと、実施すべきことをしていなかった

今回の事故は、これまで何回も対策を打つ機会があったにもかかわらず歴代の規制当局及び東電経営陣が、それぞれ意図的な先送り、不作為、あるいは自己の組織に都合の良い判断を行うことによって、安全対策が取られないまま3.11を迎えたことで発生したものであった。

当委員会の調査によれば、東電は、新たな知見に基づく規制が導入されると、既設炉の稼働率に深刻な影響が生ずるほか、安全性に関する過去の主張を維持できず、 訴訟などで不利になるといった恐れを抱いており、それを回避したいという動機から、安全対策の規制化に強く反対し、電気事業連合会を介して規制当局に働きかけていた。

直接的原因を、実証なしに津波に狭く限定しようとする背景は不明だが、(...)東電の中間報告にあるように、「想定外」とすることで責任を回避するための方便のようにも聞こえるが、当委員会の調査では、地震のリスクと同様に津波のリスクも東電及び規制当局関係者によって事前に確認されていたことが検証されており、言い訳の余地はない

【住民の被害状況】

本事故により合計約15万人が避難区域から避難した。(...)

被害を受けた広範囲かつ多くの住民は不必要な被ばくを経験した。また避難のための移動が原因と思われる死亡者も発生した。しかも、住民は事故から1年以上たっても先が見えない状態に置かれている。

住民の目から見ると、いまだに整合性のある統合的な施策が政府から打ち出されていない。

放射線の急性障害はしきい値があるとされているが、低線量被ばくによる晩発性障害はしきい値がなく、リスクは線量に比例して増えることが国際的に合意されている

当委員会は、「被災地の住民にとって事故の状況は続いている。放射線被ばくによる健康問題、家族、生活基盤の崩壊、そして広大な土地の環境汚染問題は深刻である。(...)当委員会には多数の住民の方々からの悲痛な声が届けられている。先の見えない避難所生活など現在も多くの人が心身ともに苦難の生活を強いられている」と認識する。

また、その理由として「政府、規制当局の住民の健康と安全を守る意志の欠如と健康を守る対策の遅れ、被害を受けた住民の生活基盤回復の対応の遅れ、さらには受け手の視点を考えない情報公表にある」と結論づけた




疎外された自己を肯定する [雑感]

昨日広瀬さんのカンパについて書いた。

反原発派の『お金』のことになると、『どうせ世の中金まみれでおまえも金儲けしたいだけだろう』みたいに、鬼のクビ取ったように罵る人間がいるが、一体何を言いたいんだろう?

他人を卑しめることで『俺は間違ってない』と思いたいのだろうが、とても悲しい人間だと思う。ああ、資本主義社会の『自己疎外』か、マルクスは正しかったんだなあ、と思う。

きっと最初は『無気力』になるんだろう。だって機械みたいに努力して、勉強して、働いて、あげく『自分が自分じゃない』と思えるんだもの。

誰だってある程度はそういう感覚を持っているし、「俺は間違ってない、私は間違ってない」と念仏みたいに唱えて自分を騙さないことには、社会的自己を維持できない場合もあるだろう。

それが度を過ぎて、疎外された自己と根源的な自我が乖離すると、分裂症や鬱病になる。だから、精神病になる人は、その『疎外感を受け入れられなかった』という意味で、普通に生活できる人よりも純粋な心を持っていたのだと思う。

しかし、その精神崩壊を回避するために、『他人を利用する』ってのはいただけない。

会社で上司の悪口言ってすっきりするのも、精神的抑圧を解放するための似たような浄化作用だし、実際どっかの首相みたいに上に立つ人間はバカが多いから(いや優秀な人もたくさんいると思います)、その全部を否定はしないけど、ネット上で匿名で赤の他人を罵るやり方ってのは『ずるい』と思う。

それに、そういう人格が『反原発』を攻撃するのは、そうすることで原子力を推進する『お上の後ろ盾』を得ることができると、無意識に『嗅ぎ当てている』からだ。

『反原発め、気に食わん!』と怒りをぶちまければ、原子力政策の背後に見え隠れする超越的な『国家』が、ひとりぼっちの自我を励ましてくれる。力がむくむく湧いてくる。

「日本が君を応援しているぞ。日本人である君を!」

ある種『精神のドーピング』みたいなものだ。

推進派もそんな人間は大歓迎だろう。

お互いの利害が一致して、

嬉々として『反原発』『反体制』をたたく。

片や『自己救済』、片や『原発利権』ために。

ネットにはそんな『ひん曲がった』人間が溢れている。

いや、むしろ資本主義は、「疎外された自己を肯定する人たち」をその構成要員として必要としているのだろう。

おかしな話、『ひん曲がればひん曲がるほど』『自分のことを疎外すればするほど』、資本主義世界では『使える』人間になる。

テレビは中身のないバラエティー番組やグルメ番組ばかりを流して、自己批判を忘却させ、「現状維持を良し」とする。

子どもの時から「お受験」なんかで資本主義のルールに慣れ親しんで、そのまま究極までのし上がれば、官僚や東電役員や御用学者になれるかもしれない。

だから、反ー反原発派の工作員はお金をもらってやっているわけではなく、社会的に成り上がるつもりができなかった人間が、その「恨み」をはらすべく、自発的にそう振る舞っているのだと思う。

そういう精神を培養する土壌が、メディアを通じて日本の隅々まで行き渡っているのだ。

彼らが「国家」とか「経済」ばかり語るのは、自己を「すっからかんになるまで疎外し切ってしまって」、語るべき「自分」などどこにもないからだ。

だから、僕らが「自分たちの子ども」とか「自分たちの命」ということにこだわっているのが、彼らには何一つ理解できない。むしろ「そんなチッポケなことばかり言ってるから出世できないんだ、怠け者の貧乏人め」ぐらいにしか思ってないか、「俺が捨て去ったものの方に『価値』があると言うのか?俺の人生が間違っていたというのか?世の中金だろう?」と逆ギレする。

ネットで他人の誹謗中傷にいそしむことで、彼らは「国家のお役に立っている」つもりになる。

そうやって絶望的に「自分を救い出す」のだ。


*「自己疎外」=人間が作ったもの(商品・貨幣・制度など)が人間自身から離れ、逆に人間を支配するような疎遠な力として現れること。またそれによって、人間があるべき自己の本質を失う状態(ウィキペディアより)



広瀬隆:正しい報道ヘリの会 カンパ募金集計結果発表 [雑感]

【広瀬隆:正しい報道ヘリの会】カンパ募金集計結果発表!

募金額総計7,878,098円(7月2日時点)
掛かった経費 1,053,550円(ヘリチャーター分など)
福島原告告訴団へ 5,000,000円
残りは7月16日の「さよなら原発代々木大集会」でも、ヘリを飛ばす費用へ

とのことです。以下広瀬さんの言葉より引用。いい話ですね。泣けて来ました。次は僕も寄付しよう。
大飯原発3号機が狂気の再起動に踏み切った翌日、7月2日に城南信用金庫の高円寺支店を訪ねて、カンパの口座を開いた「正しい報道ヘリの会」の記帳をしました。口座名義人の私(広瀬)は内心で、50万円ぐらいカンパが集まっていてくれると助かると思っていました。
すると、記帳がいつまでたっても終わらず、やがて通帳が一杯になったので、窓口に新しい通帳の作成をお願いしたところ、「大変な記帳なので20分か30分かかります」とのことで、待ちました。
ようやく記帳が終ってみると、通帳は5冊目に達し、「残高787万8098円」となっていました。私は驚きの余り、言葉を呑みました。城南信用金庫高円寺支店のみなさんも、ヘリ・チャーターの事情をご存知で、「大変な方の数ですね」とニコニコと笑顔で祝福してくださいました。
帰宅後に、通帳に書かれた、カンパを寄せてくださった人のお名前を全員、1人ずつ見ました。企業の方からも多数ありました。見ているうちに、そのお一人ずつの人生が目の前にまざまざと思い浮かんで、どうしても涙をこらえきれなくなりました。
どのように、この人たちの情熱と、日本政府と報道界に対する怒りに応えられるだろうか、と、、、。
私には、この胸にわき上がる深く強い感謝の言葉を、カンパを寄せてくださったみなさまに、正しくお伝えすることが到底できません。それでも、簡潔に「本当にありがとうございました」と、精一杯の心で述べさせていただきます。
「これで、被曝を強いられた福島原発告訴団の人たちに、たくさんの支援ができます。みなさまの強い愛が福島に届きます」と。






でかい話 [雑感]

原発推進派/容認派っていうのは「でかい話」が好きなんだ。

国家とか経済とか資源とか産業とか国防とか。

それで反原発派ってのは、どちらかと言うと「ちっちゃい話」にこだわってる。

家族、子ども、命、故郷、みたいにだいたい「自分サイズ」の話だ。

それで、推進派からすると、そういう「感情」とか「命」とかにこだわっている人間は、「弱い」やつで、そんなやつに任せてたら「世界経済」とか「国際競争」とかの中で生き残れるはずがないから、「原発」とか「エネルギー問題」とか「安全保障」とか、「俺たちみたいに頭が良くて意志の強いやつ」にまかせとけ、口出すな、という話になる。

まあ意志が強いっていうよりは、ただ単に「金でドーピングされた」守銭奴だと思うが、そういう資本主義的サヴァイバルにどっぷり浸かった人間にとっては、それが「強さ」ってことに何の疑いもないんだと思う。

しかし、国民主権とか、基本的人権とかが憲法で謳われているのだから、まさか「おまえ弱いくせに『自分』とか『自分の子ども』のことばかり考えるな!」なんて国家の側からはなかなか言えないだろう。言えるとすれば戒厳令とか召集令状とか戦争状態の話になってしまう(と思うのだが、それを『がれき受け入れ反対するやつには黙れって言えばいい』とか『がれき焼却が嫌ならこの街を通るな』とか、自治体の首長が平気で言ってしまえるのが日本の不思議なところだ)。

そして、原子力に対してはなぜか盛んにこの「でかい話」が持ち出されてくる。

放射能についても、「国のために被ばくしても我慢しろ」とか直接的には言わないが、

「家族というちっちゃい幸せを守るためにはとりあえず原子力っていうでっかいシステムも大事」

みたいに何となく納得させようとしてくる。

放射能の健康被害が出るのか?出ないのか?っていう問題よりも、自分たちの「家計」と国家の「経済」のために原子力を受け入れるか?受け入れないか?みたいな話になってる。

「お金を稼ぐためにはある程度自分や家族を犠牲にしなければならないし、もしかしたら鬱病になるかもしれないし、過労死するかもしれない。だけど、それを受け入れて働くしかない」

こういうサラリーマン的な感覚の延長上で、

「放射能は身体には決して良くないかもしれない。だけど、それは想定外の自然災害によるやむを得ない事故によるものだし、原子力は国家政策だから、日本人として我慢してそれを受け入れて生きて行くしかない」

みたいに納得してないだろうか?

そう考えてもらうのが国としては一番ありがたいと思うし、被ばくさせられても自主的にそう考える国民がいれば理想的な奴隷だと思う。

しかし、いくら経済、経済言ったって、「原発爆発」させる必要はなかっただろう。

それを起こしてしまった時点でその「でかい話」が間違ってたと思うんだけど、それがいつまでも無限に「でかくなる」。

敗戦するまで「大義」を唱えるのと一緒だ。





大飯原発再稼働 [原発事故]

大飯原発前の再稼働反対デモをネットのライブ中継で見た。

武装警官みたいなのが隊列を組んで出て来て、デモ参加者を突き飛ばした。

人びとはそれでも手を上に挙げて、非暴力で、太鼓を打ち鳴らして踊り続けている。

それをUstreamで2万人がリアルタイムで見ている。

しばらく仕事して、夜中の0時過ぎにまた繋いだら、まったく変わらない勢いで踊り続けている。

まあレイブパーティーだと思えば訳ないのかもしれないが、昨日の夜から24時間以上じゃないのか?

午前2時ぐらいに解散になったが、ものすごい体力だ。

なるほど、29日のデモも今日のデモも、まったく聞く耳を持たずに大飯原発は再稼働した。

福島原発を爆発させても「たいしたことない」と言っている連中なのだから、平気でやるだろう。

きっと役人たちは、どうせ「熱しやすく冷めやすい日本人」のことだから、無理矢理にでも起動させれば、「無力感」に襲われて反対の声などすぐになくなる、とでも踏んでいるのだろう。

しかし、それがどうした?

今さらどんな理屈を並べ立てようが、爆発して収拾不能な原発が4基もあるじゃないか。

確率だとか可能性だとか通用しない「現実」がそこにあるだろう。

ただ何となく反対してるわけではない。

もう原子力の嘘、差別にはうんざりなのだ。

何よりも、

「あんなこと」はもう二度とごめんなのだ。

---------

「カタストロフは到来するのではなく、そこにある。われわれはすでに、ひとつの文明が崩壊するうねりのなかにいるのだ」

(『来たるべき蜂起』不可視委員会, p.96)

真実と感じられるものにこだわること
そこから始めること

出会い、発見、大規模ストライキ運動、地震。これらすべての出来事は、世界におけるわれわれのあり方に変更をせまり、真実を生み出す」

「逆に、現状確認はわれわれの関心を引かず、われわれを変化させず、なんの責任も負わない。現状確認にとどまるものは真実の名に値しない」

「真実を回避し、管理することが習慣となり、それが多くの人びとをこの時代に特徴的な迷走へと至らせている。だが、じっさいにはあらゆる事柄があらゆる事柄に関わっている」

「真実は、私を作り、私を解体する。私を大勢の者から遠ざけると同時に、真実を知る人びとと結びつける。真実にこだわって孤立する者は、自分に似た仲間と運命的な出会いを遂げる。じっさい、蜂起のプロセスが開始されるのは、譲歩することのできない真実からである」

(同上, p.99-100)