So-net無料ブログ作成
検索選択

子どもの甲状腺検査 福島県以外と同じ [原発事故]

子どもの甲状腺検査 福島県以外と同じ (NHKニュース 3月8日 21時44分 )
原発事故を受けて、福島県が子どもを対象に行っている甲状腺の検査で、小さなしこりなどが見つかった割合が、福島県以外で行った検査の結果と同じ傾向だったことが分かり、環境省は、福島県での検査結果は原発事故の影響によるものとは考えにくいとしています。 原発事故で放出された放射性ヨウ素は、子どもの甲状腺に蓄積してがんを引き起こすおそれがあり、福島県は当時18歳以下だったすべての子どもを対象に甲状腺の検査を行っています。 福島県などによりますと、ことし1月下旬までに検査を受けた13万3000人余りのうち、41.2%の甲状腺に5ミリ以下の小さなしこりなどが見つかりました。 環境省は、見つかったしこりなどはほとんどが良性のものだとしていますが、福島県の保護者などから事故の影響が大きいのではないかと不安の声が上がっていたことから、原発事故の影響が小さい青森県の弘前市、甲府市、それに長崎市の3か所でも同じ検査を行いました。 その結果、検査した3歳から18歳までの合わせて4365人のうち、福島の検査で確認された小さなしこりなどが56.6%で見つかり、福島県とほぼ同じ傾向だったということです。 これについて、環境省は「福島の結果が原発事故の影響によるものとは考えにくいことが分かった。この結果が不安の解消につながることを期待したい」と話しています。
--------

きっとこう来るだろうとは思っていたが、こんな気持ちの悪い報道を垂れ流して、NHKは恥ずかしくないんだろうか?

何が気持ち悪いって、もういろんなところで指摘されてるように、福島ではすでに甲状腺ガンが3人出ているのだから、単純に考えれば、「福島も他の地域もしこりの発見率は一緒」って言うなら、日本中で小児甲状腺ガンが多発する可能性があるということなのに、そのことには一切触れないで(NHKは『甲状腺ガン3人』の報道をしてないだろう)、今回の「しこりの発見率が同じ」ってことだけは速報し、「不安の解消につながることに期待したい」とかコメントを流して、何だか「よかった、よかった」みたいな雰囲気を作っているところだと思う。

とにかく「福島原発事故の影響ではない」、何がなんでもその一点だけは死守したいし、そのためにはどんなことでもする、どうやってもそのつじつまだけは合わせる、という不気味な執念だけは伝わってくる。

この報道の意味することはこうだ。

まず福島の子供は、他の地域の子供よりも「より多く被爆している」ことが前提になる。それは認めている。

そして、その「より多く被爆している子供」も「被爆の影響をほとんど受けていない子供」も、「同じ割合で甲状腺にしこりがある」のだから、「しこりの原因は福島原発事故とは関係がない」「しこりの原因は別なところにある」ということになる。(これと同じ論法がチェルノブイリでも使われた)

この結果に「よかった、よかった、不安が解消された!」って飛び上がって喜ぶのは福島の保護者ではなく、東電と政府関係者だろう。

だって、「しこり」の不安も、それが悪性化するのではないか、ガンになるのではないかという不安も、まったく消えてないし、逆に日本中の子供が被ばくしたのではないか?という可能性や、原因は不明だが甲状腺に何らかの異常をもっているのではないか?という不安は増大している。

というより、甲状腺ののう胞と結節が日本の子供の半数に原発事故前から「普通に」あったのかどうか、それは事故前の検査データと比較しなければ分からないだろうし、その比較ができないのなら、「原発事故の影響ではない」とは断言できないと思う(『影響とは考えにくい』とぼかしてはいるが)。

しかしすでに福島で小児甲状腺ガンが3人(疑い7人)出ているせいで、この先に新たな不安が生じてしまった。

今後日本中の子供の甲状腺検査をするにつれて、福島の検査と同じ比率で甲状腺ガンが「見つからなかった」としたら、福島の「より多く被爆している」子供たちだけが「しこりが悪性腫瘍化」したことになってしまい、そうなったら、原発事故の影響は否定できなくなる。

逆に非汚染地帯の子供から今回の福島の検査と同じ比率で甲状腺ガンが「見つかった」としたら、日本中で小児甲状腺ガンが激増する可能性がある異常事態になってしまう。

しかし、とにかく「福島原発事故の影響ということだけは絶対に認めない」と「腹を決めた」国にしてみれば、むしろ日本中で小児甲状腺ガンが増えた方が、「検査精度が上がった」とか「大気汚染の影響」とか、ごまかすための理由は作りやすくなるから、そちらを望んでいるのかもしれない。

----------

もしかしたら、考えられているよりもずっと低い被ばく量で、ヨウ素やセシウムは甲状腺にのう胞や結節を作り出し、それがそれぞれの子供が元々持っている因子と結びついて「確率論的に」ガンを発生させるのかもしれない。

そうなると、放射性プルームの微量な初期被ばくや、食品やガレキ焼却による内部被ばくも、低線量で甲状腺や他の臓器に影響を与える可能性がある。

----------

国や東電にしてみれば、ガンでも死亡率でも一番困るのは福島だけが突出することだろう。

僕は希望的にそんなことにはならないと思っていたが、国はより深刻な事態を予見していて、保身のために様々な「手」を打ち続けて来たのかもしれない。

食べて応援、ガレキ拡散、除染ボランティア、、、そんなバカなと思うかもしれないが、今回の報道の恥ずかしさはかなり末期的だと思う。

もうすぐあの事故から2年、、、。

嘘だとか本当だとかデマだとか、そんなことはもうどうでもいい。

僕たちは、粛々と自衛する。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0