So-net無料ブログ作成
検索選択

カリウムとセシウム [被曝]

体内にカリウム40という放射性物質があってそれで内部被曝してるから、ちょっとぐらいセシウム食ってもも恐くないみたいな話を聞く。

例えば、

日本原子力文化振興財団発行「エッ!こんなところに放射線」

こういうのを見ると、

-------

カリウム40という自然放射性物質は、ふつうのカリウムに0.0117パーセント混在している。

1日に白米300グラム、魚、牛肉、牛乳、ホウレンソウを各200グラムずつ食べると仮定すると、1日に約100ベクレルのカリウム40を食べる。

人間の体の中には自然由来の放射性カリウム40が、67ベクレル/kg、成人一人60kgの体内におよそ4000ベクレル存在していて、その体内被曝線量は、年間約0.2ミリシーベルトになる。

大気圏内核実験が行われていた1960年代中ごろでは、1人1日分の食事の中にストロンチウム90は0.5ベクレル、セシウム137は1~2ベクレルほど入っていた。

1996年の調査では1人1日分の食事の中には、ストロンチウム90とセシウム137がそれぞれ0.05および0.04ベクレルという水準だった。

人体内セシウム137の量は、1960年代には一人当たり500~600ベクレルにも達した

核実験の頻度が激減したのにしたがって、体内量も減少、一人当たり20ベクレルくらいのレベルが続いていたが、1986年チェルノブイリ事故の直後に少し上昇し、体内量が60ベクレルまで高まった

現在は、再び20ベクレルに戻っている。

現在でも私たちは、毎日セシウム137を約0.19ベクレルほど食べている。これによる被ばく線量は、年間0.9マイクロシーベルトくらい

体内にあるセシウム137のレベルが、各年代の食物に含まれるセシウム137のレベルの増減によって変わるのは、人体への吸収もよいかわりに、体外への排出も比較的早いから。

-------

などなど。

一体何を言いたいのか? という感じだ。

人体内に自然に存在する放射性カリウムは、大人で4000ベクレルで安定している。入ったら入った分出て行く。何百万年と時間をかけて、身体がそのように作られたということだ。

そこに人工放射性核種のセシウムが、60年代だったら500ベクレル上乗せされて、原発事故前でも20ベクレルぐらい存在していた、と言いたいのだろう。

それなら、福島原発事故で、そこにさらに「上積み」されるわけだ。

それに1ベクレルというのは放射性物質1個が1秒間に出す放射線の数だから、半減期が違えば、1ベクレルに含まれる原子核の個数も変わってくる。

セシウム137の半減期は30年で、カリウム40は12億年だから、

セシウム137は1/40000000の個数で、カリウム40と同じベクレル値になる。

1ベクレルのセシウム137の個数は、1ベクレルのカリウム40の1/40000000になる。

だから10億個のセシウム137原子は、10億個のカリウム40原子の40000000倍の放射線を出す。

放射能安全派は、放射性カリウムと放射性セシウムを「全く同じもの」として扱いたいようだが、

これは「同じ」なのか?

まあ百歩譲って、1ベクレルのセシウム137と1ベクレルのカリウム40は「同じ放射線量だ」とする。

(馬鹿げているが、『同じ放射線量だから、同じ1ベクレルで、同じ影響を身体に与えるであろう』と人間が決めただけの話だ)

ではそれでその放射性セシウムについて、ベクレル値以外も「全て」分かっているのか?

そんな量子論的な雲のような存在をつかまえて、「カリウムとセシウムは一緒だ」なんて断言できるのか?

何となく似てるし、漏れて吸い込んだセシウムどうすることもできないから、「似てるということにしよう」ってだけだろう。

-------

人間の身体なんて、人智を超えたところでバランスを保つ、一つの宇宙のごとき有機体じゃないか。

カリウム40が出す放射線に対しては、DNAの自己修復機能が働くとして、そこに「異物」として原子レベルで入り込んだセシウムを、その免疫系統が何事もないかのように処理するなんて、どうやって分析するのだ?

単純に「分からない」だろう。

「分からないから、何も起きないということにしよう」と言うなら、それは科学でも何でもなく、ただの「行政判断」だ。

放射能安全派というのは、国だ経済だ安全保障だとでかいことばかり言って、とにかく「人間の身体」をなめてると思う。


以下参考サイト。

カリウム40による内部被曝との比較による安全デマ

自然放射線を理解する ―私設原子力情報室

セシウム137とカリウム40 ―私設原子力情報室

放射性カリウムとその意味を考える

煙草1本の被曝量はバナナ20kg分?
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 2

まいまい

そもそもカリウムでも内部被曝しているからとか、
なんとか石だの宇宙からも放射線浴びてるから、
放射能を怖がり過ぎないようにしましょう論を聞くと、
いつも893を連想します。

「人はどうせいつか死ぬんだから、俺たちの抗争の流れ弾だの、
流通させた麻薬だので誰かが死んだって大したことない」的な。
加害者側の一方的な論理。

彼らは、一般人を殺すことが目的ではないけど、
まぁ、自分たちの行動の結果、そういうことが起きても仕方ない、
と思っているのでしょう。

原子力動かしている人も同じです。

それで、反論しようものならば、
「俺たちがシマを守ってやってるからこの程度で済んでる。
 シリアとか見てみろ」てな勢いで、
「60年代とか、放射能すごかったんだから。
 それに比べれば、今なんて全然大したことない」と言い出す始末。

放射能そのものも危険ですが、
加害者本人が平然とそういう理論を展開して、
それを被害者が疑問を持たずに受け入れ、ネット以外では
だれも文句も言わない「言論の自由の保障された」
「民主主義国家」という事実が、本当に恐ろしいと思います。
by まいまい (2013-02-10 07:37) 

colin

シマとシリア(笑)、、、そうですね、普通比較の対象にならないような全くかけ離れたものを唐突に持ち出して、相手を面食らわせて「どうだ!」みたいなところはありますね。

それと、自然に存在する危険と人間の犯罪的行為がもたらした危険を「すり替え」て、しょうがないと諦めさせる。

それをなぜすんなりと受け入れてしまうのか?

「おまえ何全然関係ないこと持ち出してごまかそうとしてるんだ!」と憤るどころか、「そうか、シリアよりはマシだよな、、、」ですからね。

もうちょっと疑ってほしいです。



by colin (2013-02-11 00:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1