So-net無料ブログ作成

山下俊一と権力者の本音 [雑感]

今日の放射線被曝防護の基準とは、核・原子力開発のためにヒバクを強制する側が、それを強制される側に、ヒバクがやむをえないもので、我慢して受容すべきものと思わせるために、科学的な装いを凝らして作った社会的基準であり、原子力開発の推進策を政治的・経済的に支える行政的手段なのである」
「増補 放射線被曝の歴史―アメリカ原爆開発から福島原発事故まで」― 中川 保雄


あるブログで山下俊一に対する興味深いコメントを見つけた。

僕もまったく同じことを考えていて、前そのことについて記事を書いた

結局山下の言っていることは、「科学」ではなく、「科学の装いをこらした行政手段」なのだ。

にもかかわらず、その「科学の装い」をあたかも「科学的証明」であるかのように語るからうさん臭く聞こえるし、離れた場所から客観的に見ると、人々を「騙している」ように見える。

しかし、避難させてもらえず、ネット情報など調べようもない年老いた福島県民にしてみれば、藁にもすがる気持ちで「安心です」を信じてしまうのだろう。

田舎の病人に健康食品を売りつける詐欺商法の手口と変わらない。

しかし、山下本人は自分の意思で「騙した」などとまったく思ってないだろう。

国が決めたことをただ伝達しているに過ぎない、と思っている。

手順としてはこうだ。

まず官僚が、国民を守るのではなく、国家が国家として生き延びるために、「被ばくによる犠牲」を「受け入れろ」と命令する。

(1000人避難させるために莫大な国家予算を使うより、避難させずに10人か300人か病気になっても残りの990人か700人は助かる政策を選ぶ。『安全』と決めておけば、移住費用も出さなくて良いし、税収も減らないし、因果関係を証明できない病気を補償する必要もない。それに比べれば除染費用など微々たるものだし、業者に金も回る。)

しかし、独裁国家じゃあるまいし、官僚がそんなことを直接的に国民に命ずることなどできるはずがない。もしそんなこと言ってしまったら自分の首を絞めるだけだからだ。

だから山下が「アドバイザーとして」雇われる。

その「国家の命令」にうまく「科学的装い」をほどこして、国民に「アドバイス」する。

山下自身は、「何、これは俺の考えじゃない。ただ国家権力の代弁をしているだけだから、日本という国家が自分を断罪することはあり得ない」と確信している。

世界中あらゆる場所に存在する権力者とその走狗(そうく)の共犯関係。

以下、そのコメント

---------

12. 2012年10月20日 11:55:44 : 6xlWJhvstw

私は昨年の福島の事故直後、山下俊一の発言に注目した。

「年間100mSまでは安全」
「ニコニコ笑っている人には放射能は来ません。クヨクヨしている人に来ます」
など。

しかし、私がもっとも不審に思ったのは、彼の発言につねにまとわりつく「国家主義」の発想・観念である。

「パニックになってはいけません。社会の一員として理性ある行動をお願いします。」

「ここは日本国です。私たちは日本人なのです。」

「みなさんへ基準を提示したのは国です。私は日本国民の一人として国の指針に従う義務があります。科学者としては、100ミリシーベルト以下では発ガンリスクは証明できないだから、不安を持って将来を悲観するよりも、今、安心して、安全だと思って活動しなさいととずっと言い続けました。ですから、今でも、100ミリシーベルトの積算線量で、リスクがあるとは思っていません。これは日本の国が決めたことです。私たちは日本国民です。」

これほどあからさまに「国の指示に従え!」と言う御用学者はさすがに他にはいなかった。

頭のよい官僚は、腹の底ではこのように考えているが、これほどあからさまに権力意識をさらけ出してそれを発言することはない。それを国民にさらけ出すことは、彼らの得にならないことを十分に承知しているから・・・。

しかし、彼ら「霞ヶ関官僚」の本当の「本音」はこれなのだ!

権力というものの「本音」を見せてくれたという意味では、山下俊一の発言は特筆すべきであった。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

市民オンブズマン豊里 誠美

市民オンブズマンとして「孤立を恐れず発信」を続けて8年目。
人の命よりもおカネが大好きな原発マフィアの一人山下俊一。これはまさに「詐欺行為」で犯罪です。
戦後日本の政治の裏側をCIA秘録から暴いた「パックスアメリカ-ナと日本の殖民地化」(宇沢弘文)は必見です。
ブログ「わらびジャ-ナル」で発信。
http://warabij.ti-da.net/c162011.html
さらに72年本土復帰直後からの国策「公印偽造による裏金づくり」目的は沖縄への基地の永久固定化。オスプレイで揺れる宜野湾市での1億5千3百万円の税金泥棒はその証。
http://warabij.ti-da.net/c161227.html
地元新聞も報道しません。情報拡散をよろしく。
by 市民オンブズマン豊里 誠美 (2012-10-29 06:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。