So-net無料ブログ作成

がれき広域処理は何のために必要なのか [原発事故]

とあるブログのコメントを読んでふと思ったこと、、、。

原発再稼働するためには、今回の福島原発事故が「たいしたことない」と国民に思わせなければならない。

放射能に汚染された瓦礫や焼却灰を厳重に管理しようとしたら莫大な予算がかかる。

避難も食品流通もガレキ処理も、まじめにやったら、「今回の事故が許容できない事故」とばれてしまう

国は、「ばれると困る」から、「絆です」ということにして全部ばらまく。

そして後々の放射性廃棄物全国拡散へ向けて、筋道をつける。

こんなものすごい理屈をみんな本当に、「その通りだ」あるいは「やむを得ない」って受け入れてるのか?

そんなに「忘れたい」のだろうか?

きっと国に言われるまでもなく、多くの人間が、福島原発事故を、許容できない事故とは「認めたくない」のだ。

「ガレキ」を「絆」として受け入れるのは、被災地のためというよりはむしろ、事故の重大さを「否定」して、今までの生活に戻ることを「肯定」するためだろう。

以下、引用。

---------

環境省は20年後とか30年後とかまじめに考えていない印象が強い。
目先の原発を再稼働するため、という動機のほうが強いという気がする。
口先だけの原発ゼロとか言っているが、当面動かすことができれば、10年後どうするかというのは、その時にねじくれた議論をやればいいと思っているのではないか。
当面動かすためにどうするかというときに、避難させないとか、生産を続けされるとか、今までと同じゴミの処理とか、事故の影響をできるだけ大きく見せないようにしたい、のではない。
何かをまじめにやれば、今回の事故は許容できない事故だとわかってしまう。
だから、3.11以前と同じことを続けさせてようとしている。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

ぷちこ

広域処理はぼろ儲け出来ますしね。お金を支払わされるのは、被災地に住む人達も含めた、日本国民ですが。

http://gomigoshi.at.webry.info/
http://hinanohanasi9494.blogspot.jp/
http://www.youtube.com/watch?v=gdnDOIUwv3E
by ぷちこ (2012-10-28 06:41) 

colin

そして避難者を追いつめ、放射能危険派と放射能気にしない派を分断する。一石三鳥四鳥です。
by colin (2012-10-29 01:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。