So-net無料ブログ作成
検索選択

疎外された自己を肯定する [雑感]

昨日広瀬さんのカンパについて書いた。

反原発派の『お金』のことになると、『どうせ世の中金まみれでおまえも金儲けしたいだけだろう』みたいに、鬼のクビ取ったように罵る人間がいるが、一体何を言いたいんだろう?

他人を卑しめることで『俺は間違ってない』と思いたいのだろうが、とても悲しい人間だと思う。ああ、資本主義社会の『自己疎外』か、マルクスは正しかったんだなあ、と思う。

きっと最初は『無気力』になるんだろう。だって機械みたいに努力して、勉強して、働いて、あげく『自分が自分じゃない』と思えるんだもの。

誰だってある程度はそういう感覚を持っているし、「俺は間違ってない、私は間違ってない」と念仏みたいに唱えて自分を騙さないことには、社会的自己を維持できない場合もあるだろう。

それが度を過ぎて、疎外された自己と根源的な自我が乖離すると、分裂症や鬱病になる。だから、精神病になる人は、その『疎外感を受け入れられなかった』という意味で、普通に生活できる人よりも純粋な心を持っていたのだと思う。

しかし、その精神崩壊を回避するために、『他人を利用する』ってのはいただけない。

会社で上司の悪口言ってすっきりするのも、精神的抑圧を解放するための似たような浄化作用だし、実際どっかの首相みたいに上に立つ人間はバカが多いから(いや優秀な人もたくさんいると思います)、その全部を否定はしないけど、ネット上で匿名で赤の他人を罵るやり方ってのは『ずるい』と思う。

それに、そういう人格が『反原発』を攻撃するのは、そうすることで原子力を推進する『お上の後ろ盾』を得ることができると、無意識に『嗅ぎ当てている』からだ。

『反原発め、気に食わん!』と怒りをぶちまければ、原子力政策の背後に見え隠れする超越的な『国家』が、ひとりぼっちの自我を励ましてくれる。力がむくむく湧いてくる。

「日本が君を応援しているぞ。日本人である君を!」

ある種『精神のドーピング』みたいなものだ。

推進派もそんな人間は大歓迎だろう。

お互いの利害が一致して、

嬉々として『反原発』『反体制』をたたく。

片や『自己救済』、片や『原発利権』ために。

ネットにはそんな『ひん曲がった』人間が溢れている。

いや、むしろ資本主義は、「疎外された自己を肯定する人たち」をその構成要員として必要としているのだろう。

おかしな話、『ひん曲がればひん曲がるほど』『自分のことを疎外すればするほど』、資本主義世界では『使える』人間になる。

テレビは中身のないバラエティー番組やグルメ番組ばかりを流して、自己批判を忘却させ、「現状維持を良し」とする。

子どもの時から「お受験」なんかで資本主義のルールに慣れ親しんで、そのまま究極までのし上がれば、官僚や東電役員や御用学者になれるかもしれない。

だから、反ー反原発派の工作員はお金をもらってやっているわけではなく、社会的に成り上がるつもりができなかった人間が、その「恨み」をはらすべく、自発的にそう振る舞っているのだと思う。

そういう精神を培養する土壌が、メディアを通じて日本の隅々まで行き渡っているのだ。

彼らが「国家」とか「経済」ばかり語るのは、自己を「すっからかんになるまで疎外し切ってしまって」、語るべき「自分」などどこにもないからだ。

だから、僕らが「自分たちの子ども」とか「自分たちの命」ということにこだわっているのが、彼らには何一つ理解できない。むしろ「そんなチッポケなことばかり言ってるから出世できないんだ、怠け者の貧乏人め」ぐらいにしか思ってないか、「俺が捨て去ったものの方に『価値』があると言うのか?俺の人生が間違っていたというのか?世の中金だろう?」と逆ギレする。

ネットで他人の誹謗中傷にいそしむことで、彼らは「国家のお役に立っている」つもりになる。

そうやって絶望的に「自分を救い出す」のだ。


*「自己疎外」=人間が作ったもの(商品・貨幣・制度など)が人間自身から離れ、逆に人間を支配するような疎遠な力として現れること。またそれによって、人間があるべき自己の本質を失う状態(ウィキペディアより)



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

消防士

まあ、確かにそんな感じはすごくします。

なにをどうというより、
その結果
危険を避けようと反対している人を
非難してしまっているのが
なんというのか、情けないです。

まぐれ当たりにいいことを
言っているなら、
そういうせこい自己レスキューであっても
なんでもかまわないんですが。

先日の作家の高橋某の
テレビでの発言に対して
矢のごとく非難を浴びせた
人たちも、
同じだと思うのですが、

どうして、「そっちの」方に
加担するのかなあ。
もうそれは、本能的な
判断なのでしょうか?
どっちが強いのか、
というような。
by 消防士 (2012-08-23 13:18) 

colin

たしかに、なぜ「そっち」なのでしょう。僕は無意識的に自分が「得をする」方を選んでるんだと思います。それと「楽したい」っていう気持ちもあると思います。そういう傍観者的な身の振り方が、庶民として一番「賢明」と言われる。長いものには巻かれろ、というやつですね。原発が爆発してもなお。
by colin (2012-08-24 02:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。