So-net無料ブログ作成
検索選択

賭ける人たち [雑感]

福島原発爆発して放射能漏れて、もうどうすることもできないから、1億2000万人のうち1億人ぐらいの国民が生き残ればいいや、という賭けに日本は出た。

そう思ってしまえば、そう「思い込むことができれば」、後は楽だろう。

放射能の影響で10万人死のうが、100万人死のうが、健康被害が2000万人出ようが、残りの1億人がとりあえず働いて経済回してくれればいいわけだから、汚染食品食おうがガレキ拡散して燃やそうが、

「たいしたことじゃない」

だから、

「気にするな」

というわけだ。

それに、もしかしたら、内部被ばくにも「神風」みたいなのが吹いて、意外にみんな病気にならず、ひっそりと1万人ぐらいの犠牲で済むかもしれない、、、。

反原発派がこういう国の棄民政策に対して、

「もう終わりだ」

と言う。

1万人だって、100万人だって、放射能のせいで過剰死や健康被害が出るのだから、病気になったら「終わり」だろう。子どもは放射能感受性が強い上に、これから何十年も生きるのだから、その犠牲になる確率が大人より高いのは誰だって分かるだろう。

それが「終わり」の意味であって、「全員死ぬ」なんて誰も言ってない。

しかし、この「賭け」に出た人たちにとっては、「全員死ぬほどでなければ、何も終わりはしない」のだ。

だって、「死んだり病気になったりするのは、ひどくても今までの1.5倍とか2倍ぐらいで、残りの何千万人はピンピンしてるだろう」と思っているから。

そして、

「うちの子どもはならない」と思っているから。

今までずーっとそうやってきた。

とにかく「自分たちには」災難は降りかかって来ていないし、これからも降りかからない、と確信していて、自分たちが本当にそこに巻き込まれない限りは、「安全だ」と思い続ける。

僕らが、

「日本に強制移住区域が出来た。もう終わりだ」

と言うところで、この「ギャンブラー」は、

「いやいや、終わってないでしょう。これだけ爆発して放射能巻き散らして、『この程度』で済んだんだから、これは奇跡だよ。よかった、よかった。強制移住って言ったって10万人ぐらいでしょう? 健康被害で病気になるって言ったって、東日本全体で100万人ぐらいでしょう? 小ちゃい、小ちゃい。交通事故の方が危ないから。もう放射能気にしないで、この国難を乗り越えよう」

と言う。

「賭け」に出る人たちは、「損得で動く」から、

「原発再稼働しても、もしかしたら地震が来なくて、爆発しないかもしれないから、その時は『儲けもの』だ。それに廃炉にするまで何十年もかかるし、そのあいだに地震来たら、臨界中の事故よりはマシかもしれないが、被害は出るだろう。中国や韓国で事故が起きるかもしれない。止めてたって動かしたってたいして変わらないなら、動かして電力会社も潤って経済回った方が『得』だろう。その方が回り回って俺たち一般庶民の利益にもなるんだ」

と思う。

「俺の住んでる街まで被害に遭う? いやいや、それはない。絶対ない。うちはならないから」

と、生唾飲み込んで、

「一丁やってみますか?」

とまた賭けに出る。

この賭けはいつまで続くのか?

直下型地震で臨界中に圧力容器が吹っ飛ぶなんて言うレベル10ぐらいの事故が起きたら、日本どころか世界が破滅するから、その時は賭けも何も、ただ死滅するだけだろう。

もし「福島級の事故」なら、原発4基爆発してもこれなのだから、あと2〜3基爆発して内陸が広範囲に汚染されたとしても、今度は「100ミリシーベルトまで安全」とか言い出して、また「経済が、、、」と同じことを繰り返すだろう。

老朽化で全ての原発が廃炉になる20年後ぐらいには、諦めるかもしれないが、その間にもし事故が起きなかったら、その時はこう言い出すかもしれない。

「なんだ、大丈夫じゃないか。やっぱり何も起きなかった。じゃあもう1つ作ってみますか? 新しいヤツ」

------

安全か?安全じゃないか?

分からないから、「賭け」に出る。

そんな賭けで何とかなるほど、原発は甘くない、ということが、この福島の事故で分かったはずじゃないか?

「すっからかん」にならないと止められないのだろうか?




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。