So-net無料ブログ作成
検索選択

降下した放射性物質の月別推移グラフ [原発事故]

ずいぶん前に書いた「福島原発事故と大気圏内核実験のフォールアウト」という記事で引用した「降下した放射性物質の月別推移」という以下のグラフが「おかしい」というコメントをもらった。

20110516020811f09.jpg

--------
降下量100から上が対数目盛になっていないのは恣意的
降下量1000の目盛りは間違い
ストロンチウム+セシウムで表さないと今回の降下量と比較できない
急激に降下量が減少しているが被曝量としては少ない

被害を強調したいのはわかるがこの図誤解を招く事を意図している

(2012-05-28 03:19)
--------

とのことなのだが、何だかよく分からない。

産経の元データはこれで、

1.jpg

これだと、まるで福島原発事故のフォールアウトが大気圏内核実験のそれと変わらないように見えるから、誰かがこの上に目盛りを「付け足して」、降下量の違いが「視覚的により正しく見えるように」、グラフを加工したのだと思う。

たしかに、「対数目盛り」と「線形目盛り」を継ぎはぎしているのだから、グラフとしては「間違っている」のだろう。

しかし、元記事では、この対数グラフに対して「福島のフォールアウトは1960年代の大気圏内核実験と同じ水準」という見出しが付いていたのだから、そっちの方が「おかしい」だろう。

では、1目盛りを100ベクレル/平方メートルに統一してみたらいいのではないか?

するとこうなる。

monthlyfalloutcomparison.jpg

左が元の対数グラフ。真ん中が誰かが加工したやつ。右が大雑把に自作した実数グラフ。

こうやって見ると、元の「対数グラフ」は、大気圏内核実験のフォールアウトに比べてチェルノブイリが突出して見えるし、福島原発事故と大気圏内核実験の「茨城・つくば」における降下量はたしかに似たようなものにも見える。そして、0.5ベクレル/平方メートルというような福島原発事故前の平常値がとても多く見える。

一見、何だか日本は1960年代からずーっと放射能汚染され続けているようにも見える。

正しく数値さえ読み取れば、グラフとしては「正確」なのだろう。しかし、これをもって「福島原発事故のフォールアウトたいしたことない」と言うなら、それこそ視覚的印象を利用して恣意的に「誤解」を招こうとしているのではないのか?

反対に自作の「実数グラフ」で見ると、60年代の大気圏内核実験による日本へのフォールアウトは、チェルノブイリ事故由来よりもひどいのが分かるが、同時に、平常値が限りなく0に近いことも分かる。

つまり、「大気圏内核実験」と「チェルノブイリ」で日本はひどく放射能汚染された上に、福島原発事故でさらに何十倍何百倍ものひどい汚染を受けたのだ。

東京(赤い丸)の3月の降下量はチェルノブイリ事故時のピークの30倍以上、4月でも1.5倍だ。

「茨城」(青い丸)の2011年3月の降下分はこの大きさだと収まり切らない。そこで、縮小して2万6000ベクレル/平方メートルまで入れてみる。

monthlyfalloutcomparison-02.jpg

なんだ。「意図的に汚染を過剰に見せようとした」と言われる継ぎはぎ加工データがおとなしく見えるぐらい、逆に「圧倒的におそろしい汚染」であることが分かるじゃないか。

福島は、一体このグラフをどこまで突き抜けて行くのだろう?

大気圏内核実験やチェルノブイリによる降下物とは比較にならない「とんでもない量の放射性物質」が福島原発事故によって東日本に降り注いだことは間違いなく、その「汚染」こそが現実なんだと思う。

ここに「ストロンチウム他」のβ線、α線核種が加わるのだから、一体どれだけの「被害」になるのか。

間違っても「大気圏内核実験やチェルノブイリと同程度の汚染」などとは言えないし、そういう意味では、加工されたグラフの方が現実に近いと思う。

「いやいや、チェルノブイリは8000km離れてこれだけの被害なのだから、当時のベラルーシやウクライナでは、福島と比較できないぐらい、もっともっとひどいセシウム、ストロンチウム、プロトニウムの降下物があった」と言うなら、福島原発事故による「茨城・つくば」への放射性物質降下量と、チェルノブイリ事故によるキエフのそれを比較して、例えば4万ベクレル/平方メートルとか1万ベクレル/平方メートルの汚染でどんな健康被害が出たかを見てみればいいし、それしか比較の意味がないだろう。

あえてこの「対数データ」を引っ張って来て、そこに今回の「茨城・つくば」の降下量の値を加えて何になるか?

「大気圏内核実験の時に放射能汚染されてもみんなピンピンしてるんだから、今度も大丈夫だ」と言う「過小評価」のために使えそうだったからだろう。

しかし、どうひっくり返したって、都市住民がこれまで一度も経験したことのない「ひどい放射能汚染」であることには変わりはないのだ。


nice!(2)  コメント(10)  トラックバック(1) 

nice! 2

コメント 10

だあじりん

いろいろ突っ込みどころがあるんだけど、とりあえず、ストロンチウムはβ線源だから。せめてそのぐらいは勉強してから語ってもらいたい。
by だあじりん (2013-02-13 23:35) 

colin

そうですね、常識ですよね。修正しました。他には何かございますでしょうか? ずいぶんと「お勉強」されたのですね。「いろいろな」突っ込みどころを「一瞬で見切り」、それを手短かなコメントに脳内集約して吐き捨て、何か正しいことを「言った気」になる。「通りすがりの論理」にはつくづくかなわないなあ、と思います。
by colin (2013-02-14 12:44) 

だあじりん

いろいろ調べてきたんだけど、あなたがつぎはぎしている元データと同じものをついに発見できなかったわけなんだけど、どこから拾ってきた数字なのかな?このデータが万が一正しかったらここに出ている市町村はすべて避難の対象になってるはずなんだけど、そんなはずはないし、こんなに放射性物質が降ったって言う事実もないんだよね。
まず、ちゃんとした元データを開示してくれるかな?
って言うのはね、手元の資料の中から似たような傾向を示すデータを一つだけ見つけられたんだけど、これと同じあたりがデータの出元だとしたら、その元データは単位がMBq/km^2になってるんじゃないかと思うんだけど、違うかな?
単位の換算しないで張り付けてるでしょ、たぶん。それで、ひたちなか市はこんなとんでもないことになってるとか書き立てるのは、風評被害の流布にほかならないからね。実際にひたちなか市はこんなとんでもないことにはなっていないし、避難する必要もないのだからね。
僕の推測通りだったら、即刻このページは削除されなくてはいけないし、間違ったデータを流布したことを謝罪したうえで、リンク先のページにその旨を通告する必要があると思うよ。
きちんと対応してくれるかな。

by だあじりん (2013-02-15 03:43) 

NO NAME

とっくに検索されていると思いますが、ご参考まで。
http://hotspot311.seesaa.net/tag/%82%D0%82%BD%82%BF%82%C8%82%A9%8Es
関東、特に北関東の線量の高い地域から自主避難した人、したいと考えている人に「避難する必要もない」と言えるあなたは誰ですか?
神様ですか?
by NO NAME (2013-02-15 20:29) 

だあじりん

ああ、この便所の落書きレベルのサイトでしたら見ましたw。いたずらに不安をあおりたてているだけの有害サイトですね。はっきり言ってこのレベルの放射線ですと、統計学的に言って、ガンになる可能性が上がると言う事はありえません。
それよりもですね、皆さんがまき散らしている風評被害の方がはるかに被害レベルは大きいのです。今回の原発事故の放射線の影響で死んだ人は住民レベルでは居ませんよ。ですけど、風評被害で自ら命を絶つ人は今でも後を絶たないのです。
皆さんは、皆さんのくだらない思い込みが人を殺しているのだと言う事を自覚するべきだと思います。
by だあじりん (2013-02-15 23:56) 

Cosmo

MBq/km^2をBq/m^2に単位換算すると、結局同じ数値になります。
悲しい日本の通りすがり理性のレベル?
by Cosmo (2013-02-24 10:53) 

みほちゃん

反原発の記事を書くと通りすがりさんがやってくる。
私もブログに書き込まれました。
政府系の人がパトロールしているみたいです。
私なんか数字まで書かれちゃったけど、それって身元バレバレですよね。

by みほちゃん (2014-02-27 19:09) 

タコ

記事引用させていただきます。

by タコ (2014-06-16 17:25) 

隠ぺい反対

危険なのだから食べて応援や観光など速やかにやめさせるべきですね。
グラフ制作ありがとうございます。
by 隠ぺい反対 (2015-05-07 15:33) 

サムライ

サクラの散りゆく美しき日本人達よ目を覚ませ。お前ら日本人はもともと勇敢で誇り高き民族だった。世界一心優しい民族だ。この地球上で最も偉大で模範となるべき者達だ。もうそのへんにしておけ。全て我が身に降りかかること。残された時間はあまりない。自分の胸に手を当ててみろ。もうやめろ。やめろ。すぐにそこから去れ。
by サムライ (2015-10-02 08:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。